ホーム > クリエイティブ > モノ

モノのアーカイブ

AVアンプ購入。ARCでテレビの音声が出ない・・・

10年振りにAVアンプを購入!
前はよくわからないで安いアンプとスピーカー揃えて5.1ch作って遊んでた。
今回は、ちょっとずつ揃えて、もう少し高価なシステムにしようと考え中。
購入したAVアンプは、パイオニアのVSA-1021。

AVアンプ VSA-1021

1年前の型落ちだけど、4万円で買えた。
本当は、VSA-922(5万2千円)を購入しようと思ったが、思いのほか型落ちの価格が下がっていて急きょ変更。
(エントリー機でよかったので、もっと安いのでもよかったんですけどね。)

久し振りにワクワクしながら家に帰ってAVアンプの設定を始めた!がしかし・・・

ARCの設定で手こずった。
我が家のテレビ(TOSHIBA 42Z2)はARC対応ってことだったので、AVアンプとTVをHDMIケーブルにつなげるだけでTVの音声はスピーカーから流れるかと思っていた。
が、映像は流れるけど、音声が出ない・・・
DVDプレーヤーなどの外部機器はちゃんと音声が出る。
TVだけがなぜか音声が出ない。。。
TVの設定したのに・・・
どうして~!

サポートに電話しようかと思ったが、時間外・・・
TVの説明書を読んでみても、ARC対応のオーディオ機器とHDMIケーブルなら光デジタル音声ケーブルは不要とのこと。
AVアンプの説明書を読んでも同じこと書いてあるし。
TVの初期化してみたり、HDMIケーブルを変えてみたり、3時間くらい格闘してもダメ。

で結局、TVの設定はやってたけど、AVアンプの設定の方ができてなかっただけだった。
ホームメニュー → システム設定 → HDMI設定 → TV音声
が「ノーマル」になっていたのを「HDMI経由」にすることで問題解決。
アホすぎた。。。

【動画】バクテリアから純金がとれた!

バクテリアを使って塩化金から純金を生み出すことに成功。

この方法は、米ミシガン州立大学の微生物学研究科のカゼム・カシフィ教授と電子工学科のアダム・ブラウン助教授が発見した。
このバクテリアは、金属耐性細菌のCupriavidus metalliduransというヤツで、毒性の強い濃縮した塩化金の中でも繁殖できて、排出物からは砂金がとれることが確認された。

Cupriavidus metallidurans

バクテリアからとれた金

とはいえ、今のままでは金を作るにはものすごい費用がかかってしまうようです。
これからいろいろな改良が進むことに期待ですね。

使われた装置は、アートだってことで公開もされているようです。
Create Gold From Bacteria

楽天 電子書籍端末「コボタッチ」

楽天は、買収したカナダのコボ社の端末「コボタッチ」の販売を決めた。
7月2日からプレオーダーを開始する。
価格は1万円前後。
「EPUB(イーパブ)」を日本で初めて全面採用
白黒の電子ペーパー「Eインク」使用。
画面サイズは6インチ。
目が疲れにくく1回の充電で1カ月程度利用できる。
(カラー液晶を使ったモデル「Kobo Vox eReader」も販売する。)

など、魅力的に思える内容。

コンテンツは、年内に5万点程度の品ぞろえを目標としている。

コボタッチのスペック
kobo touch コボタッチ スペック

コボ社の端末はカナダや米国などでも販売していて、日本は10カ国目。

アマゾンよりも先行して販売することで、有利な立場で戦えるとにらんでいるという。

Amazonのキンドル(kindle)の販売も控える中、どうなるでしょうね?
個人的には、Amazonに1票。
1万円くらいなら、コボタッチ買ってみたい気もする!!
追記:結局7980円で販売となりました。

民間宇宙開発ベンチャー『インターオービタルシステムズ』

アメリカの民間の宇宙ベンチャー「インターオービタルシステムズ(INTERORBITAL SYSTEMS)」
夫婦で創業し、夫のロンデリック・ミリロンさんはエンジニア。
妻のランダ・ミリロンさんがCEOを務めている。
従業員8名で大半が若手エンジニアの会社。

これまで常識では考えられないほどの低価格の宇宙サービスを提供する。

2012年中には、ロケット打ち上げサービスを開始予定で、1回30万ドル~
スペースXのロケット打ち上げは1回5400万ドル。
スペースシャトルは、4億5000万ドル。

スペースXのロケット打ち上げも、破格の安さだが、さらに常識を打ち破る低価格だ。

安さの理由は、小型ロケットを束ねて飛ばすため。
これは1970年代にドイツで考案された方法。
小型ロケットを5本束ねると、大型最新ロケットと同じ飛行能力になるという。

さらに、既存技術の活用でロケット開発費は10万ドル程度に抑えられており、使われる部品は全て手作り。
使っている機械は中古品とコストを抑えている。

ロケット打ち上げサービス以外にも、
宇宙旅行サービスを手掛けるために宇宙船を開発中
宇宙船「CM-1」は、6人乗りで宇宙に最大1週間滞在できるという。
宇宙旅行の料金は1人500万ドル。
2013年に初飛行を目指す。
すでに、問い合わせが相次いでいるという。
宇宙船内は小さく、1人に割り当てられるスペースはシングルベット分程度だそうだ。

個人用人工衛星キット開発・販売している。
こちらは打ち上げ代も含め、価格は8000ドル~
宇宙の写真撮影や宇宙からメッセージ送信などもできるという。

2010-07-26 衛星オタク企業、個人用80万円の衛星キットを販売

低価格すぎるというのも怖いような気がしますが・・・
民間宇宙開発がここまで進んでいるとは思いもしませんでした。
これから、一般人でも宇宙を身近に感じることができそうですね。
個人用人工衛星キット欲しい!!

【動画】本格ピザの自動販売機

Let’s pizza PV

ヨーロッパでは100台以上売れているピザの自動販売機。

お金を入れて、ボタンを押すだけ。
小麦粉から生地を作って、赤外線オーブンでこんがりと焼いて出来上がり。
これだけやってくれて、2分30秒で完成するそうです。
値段は、ピザ1枚約380円。

Let’s pizza

安くておいしそう。
日本で売ってくれれば、ピザ買うのになぁ!!

1 2 3 4 5

ホーム > クリエイティブ > モノ

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2017 年 10月 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る