ホーム > 科学・医療

科学・医療のアーカイブ

鳥インフルエンザ(H7N9型)人から人に感染を確認

中国で、H7N9型の鳥インフルエンザウイルスに感染して死亡した父親と娘について、ウイルスが、父親から娘に直接感染した可能性が高いとする研究結果を、中国の研究チームが発表しました。
研究チームは、ウイルスの感染は、これまでのところ家族間の限定的なものだとしています。
今年春、中国の東部を中心にヒトへの感染が相次いだH7N9型の鳥インフルエンザウイルスは、130人余りの感染者が確認され、このうち43人が死亡し、中には、家族で複数の人が感染した事例も報告されています。
中国・江蘇省の研究者などで作るチームは、6日、イギリスの医学雑誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」で、ことし4月から5月にかけて死亡した60歳の父親と32歳の娘について、感染の経路を調査した結果を発表しました。
この父親は、ウイルスに感染したあと病院に入院し、娘の看病を受けていたということで、研究チームが、2人に対する遺伝子検査を行ったところ、遺伝子の配列の情報からウイルスが、ほぼ一致したということです。
娘は、ふだんの生活で鳥類との接触は無かったということで、研究チームは、ウイルスが父親から娘に直接感染した可能性が高いとしています。
一方で研究チームは、父親の看病をしたほかの家族は感染していないことなどから、このウイルスの感染は、限定的なものだとしています。

NHKニュース

h7n9 中国地図

h7n9 中国地図

AFPBBによると、中国・江蘇省は特に感染者が多いとのこと。

中国で発生した(H7N9型)鳥インフルエンザについて

こちらのサイトで、鳥インフルエンザについての情報が追われている。
なんでも、中国は報道規制していて、すでにヒトからヒトへの感染もあり得るそうな・・・

中国科学技術部と国家衛生計画生育委員会というところは、鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)対策の研究プロジェクトを立ち上げていて、

  • 人の感染予防のためのワクチンの開発を7カ月以内
  • 人の感染の有無を確認する試薬の開発は2カ月以内

で開発完了する計画だそうで。。。

とりあえず、WHOはH7N9型の治療にインフルエンザ薬「タミフル」「リレンザ」が有効との見解も発表しているとのこと。

H7N9型は最短7日で死に至るそう。
さらに、重症化率は90%だとか。
SARSは、重症化率30%程度、死亡率は11%。

2008年に厚労省が強毒性の新型インフルエンザ発生時のシミュレーション
仮にヒトからヒトへの感染に変異していたら
人口の25% 3200万人が感染。
200万人が入院。
死者は最大64万人。

中国で発生している鳥インフルエンザがどんな状態なのか、どの情報が正しいのかはわかりませんが、なんとなく用心しておこう。

赤ちゃんの任意の予防接種の料金と回数

先月、我が家に子供が産まれ、ワクチン接種を控えています。
で、なんでも
「スケジュールの調整が大変。」
だとか
「ワクチン接種の料金が高い。」
などなど、聞いてお金の部分に関して調べてみました。

任意の予防接種の費用はいくら?

  • ロタウィルス:9000円~13000円前後(ロタックスが安く、ロタリックスが高い)
  • B型肝炎:5000円程度
  • おたふく:5000円程度
  • 水痘ワクチン(みずぼうそう):7000円程度
  • 日本脳炎:5000円程度

各1回の予防接種費用。
(日本脳炎の予防接種は、北海道のみ任意接種のため料金がかかります。)

任意の予防接種の回数は?

  • ロタウィルス:2回
  • B型肝炎:3回
  • おたふく:1回
  • 水痘ワクチン:2回
  • 日本脳炎:3回

の接種することになります。

北海道に住んでいると、だいたい7万円程度かかることになりそうです。
一括支払いじゃないにしても、結構な出費ですね。
現在、任意接種を定期接種にして、公費で行うような動きがあるようですが・・・
今産まれている赤ちゃんは、予防接種で7万円くらいは覚悟しておく必要がありそうですね。

2013年4月から任意接種から定期接種へ!?

  • ヒブワクチン
  • 小児用肺炎球菌
  • ヒトパピローマ(子宮頸がん)

は、ほぼ確実に4月から定期接種になり、自己負担なく予防接種が受けられるようになりそうです。
(札幌市では、現在も助成されていて、自己負担はない。)

もし、助成されていなければ、
ヒブワクチンは、1回7000円~8000円で4回接種。
小児用肺炎球菌は、1回8000円~10000円程度で4回接種。
(生後2か月以上7か月未満)
ヒトパピローマは1回15000円程度で3回接種。

になり結構費用負担が大きくなりますね。

ちなみに、日本以外の先進国は、B型肝炎やおたふくかぜなどのワクチンは、任意ではなく定期接種として公費で受けられるそうです。

ポリオワクチンが、生ワクチンから不活化ワクチンに変更になったのは、2012年9月から。
本当に最近のことです。
ポリオ生ワクチンでは、ごくまれに小児マヒを発症するリスクがありました。
不活化では、小児マヒのリスクはありません。

少しずつですが、改善されてますが、遅すぎますね。。。
これがまさに、お役所仕事といったところでしょうかね。

【動画】バクテリアから純金がとれた!

バクテリアを使って塩化金から純金を生み出すことに成功。

この方法は、米ミシガン州立大学の微生物学研究科のカゼム・カシフィ教授と電子工学科のアダム・ブラウン助教授が発見した。
このバクテリアは、金属耐性細菌のCupriavidus metalliduransというヤツで、毒性の強い濃縮した塩化金の中でも繁殖できて、排出物からは砂金がとれることが確認された。

Cupriavidus metallidurans

バクテリアからとれた金

とはいえ、今のままでは金を作るにはものすごい費用がかかってしまうようです。
これからいろいろな改良が進むことに期待ですね。

使われた装置は、アートだってことで公開もされているようです。
Create Gold From Bacteria

【動画】音の波で液体浮遊実験

アメリカエネルギー省のアルゴンヌ国立研究所の実験

アメリカエネルギー省のアルゴンヌ国立研究所の実験

音の波を使って、何もない空間に液体を浮遊させている。
音波は上下両側から到達し、双方が完全に打ち消しあうことによって、定常波と呼ばれるものが発生し、これによって少量の物質を空間に保持できるようになる。

もともとこの機械は、NASAが開発したもので、宇宙が物体に与える影響を調べるための、微小重力状態のシミュレーション用として作られた。

1 2 3 4 5 6 9

ホーム > 科学・医療

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2018 年 11月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る