ホーム > データ・数値・推移

データ・数値・推移のアーカイブ

グリーンピア 3728億投じて48億円しか回収できていない

年金手帳

日本の景況感は改善しているとのことですが、、、

DVDレコーダーの整理をしていたら、4月4日のモーニングバード「そもそも総研」があったので見てみました。
懐かしいグリーンピアの話でした。
動画が見つからなかったので、メモとして記録します。

年金財政が悪化し、2013年4月1日から年金の支給開始が61歳からに引き上げられた。

年金財政悪化の象徴、全国13カ所に設置された大規模保養施設「グリーンピア」

「グリーンピア」は、2005年までにすべて廃止された。
「グリーンピア」に投入された資金は、国民年金と厚生年金から3728億円。
しかし、売却額はわずか48億円。
投入した3728億円の1.29%で売却している。

国民年金と厚生年金から投じられた3728億円は48億円になり、99%近くが失われた。
ちなみに、グリーンピアには、共済年金(公務員の年金)は使われていない。

一方で、国家公務員共済の事業「KKRホテル」は全国43箇所で、返済額390億円に対し約32億円の利息分が発生している。
共済年金が32億円増えているのに対して、国民年金と厚生年金は3680億円も減った。
しかも、この責任は誰もとっていないときてます。

官僚さんたちは、自分の年金は大切に運用して、その他大勢の年金は適当に使ってしまう。
こんな人たちに「年金納めて下さい。」と言われても、納付率は上がりませんよね。
国民年金の納付率が目標に達しないのも仕方ない気がします。

グリーンピア 全国13カ所 建設費

グリーンピアは、13カ所中8カ所は、歴代厚相の地元に建設されたそうです。
官僚も政治家って残念すぎる。

日本・中国のお互いの印象(調査結果)2013

特定非営利活動法人「言論NPO」と中国国営の中国日報社(チャイナ・デイリー)の共同世論調査の結果。
この調査は2005年から毎年続けられている。
今回2013年の調査は、日本では6月21日~7月12日に、中国では6月9日~7月8日にかけて行われた。
調査対象は、18歳以上の男女 日本人1000人、中国人1540人が回答。

相手国に対しての印象が「良くない」「どちらかと言えば良くない」と答えた人

  • 日本:90.1%(2012年比5.8ポイント増加)
  • 中国:92.8%(2012年比28.3ポイント増)

過去最悪の数字となった。

「良くない印象」の理由で最も多かったのは、
日本側

  • 「尖閣諸島をめぐり対立が続いている」で53.2%
  • 「歴史問題などで日本を批判する」の48.9%

中国側

  • 「日本が領土紛争を引き起こし、強硬な態度をとっている」が77.6%と最も多い

今後日中関係が「さらに悪化する」と回答した人は、

  • 日本:28.3%(2012年比4.7ポイント増)
  • 中国:45.3%(2012年比26.5ポイント増)

中国は、日本を「覇権主義」とみる中国人が前年より13.8ポイント増の48.9%に達する一方、日中関係を「重要」とみている人は両国ともに7割を超えた。

—————-

とっても残念ですね。
隣国同士は仲良くできないのは仕方ないんでしょうかね。

赤ちゃんの任意の予防接種の料金と回数

先月、我が家に子供が産まれ、ワクチン接種を控えています。
で、なんでも
「スケジュールの調整が大変。」
だとか
「ワクチン接種の料金が高い。」
などなど、聞いてお金の部分に関して調べてみました。

任意の予防接種の費用はいくら?

  • ロタウィルス:9000円~13000円前後(ロタックスが安く、ロタリックスが高い)
  • B型肝炎:5000円程度
  • おたふく:5000円程度
  • 水痘ワクチン(みずぼうそう):7000円程度
  • 日本脳炎:5000円程度

各1回の予防接種費用。
(日本脳炎の予防接種は、北海道のみ任意接種のため料金がかかります。)

任意の予防接種の回数は?

  • ロタウィルス:2回
  • B型肝炎:3回
  • おたふく:1回
  • 水痘ワクチン:2回
  • 日本脳炎:3回

の接種することになります。

北海道に住んでいると、だいたい7万円程度かかることになりそうです。
一括支払いじゃないにしても、結構な出費ですね。
現在、任意接種を定期接種にして、公費で行うような動きがあるようですが・・・
今産まれている赤ちゃんは、予防接種で7万円くらいは覚悟しておく必要がありそうですね。

2013年4月から任意接種から定期接種へ!?

  • ヒブワクチン
  • 小児用肺炎球菌
  • ヒトパピローマ(子宮頸がん)

は、ほぼ確実に4月から定期接種になり、自己負担なく予防接種が受けられるようになりそうです。
(札幌市では、現在も助成されていて、自己負担はない。)

もし、助成されていなければ、
ヒブワクチンは、1回7000円~8000円で4回接種。
小児用肺炎球菌は、1回8000円~10000円程度で4回接種。
(生後2か月以上7か月未満)
ヒトパピローマは1回15000円程度で3回接種。

になり結構費用負担が大きくなりますね。

ちなみに、日本以外の先進国は、B型肝炎やおたふくかぜなどのワクチンは、任意ではなく定期接種として公費で受けられるそうです。

ポリオワクチンが、生ワクチンから不活化ワクチンに変更になったのは、2012年9月から。
本当に最近のことです。
ポリオ生ワクチンでは、ごくまれに小児マヒを発症するリスクがありました。
不活化では、小児マヒのリスクはありません。

少しずつですが、改善されてますが、遅すぎますね。。。
これがまさに、お役所仕事といったところでしょうかね。

ボーイング787 各航空会社の保有台数

新型旅客機ボーイング787のトラブルが相次ぐ中、運航停止が続いている。
現在、航空会社8社が50機のB787を保有している。

ボーイング787

ボーイング787の各社保有台数

  • 全日空(ANA):17機
  • 日本航空(JAL):7機
  • アメリカ「ユナイテッド航空」:6機
  • インド「エアインディア」:6機
  • 中東カタール「カタール航空」:5機
  • アフリカ「エチオピア航空」:4機
  • 南米チリ「ラン航空」:3機
  • ポーランド「LOTポーランド航空」:2機

現在の受注台数は798機とも848機とも言われている。
オーストラリアのカンタス航空が1機キャンセルした。
このキャンセルは今回のトラブルと関係ないとしている。

中国の航空会社 南方航空はB787を10機発注しているが、
「欠陥が見つかればキャンセルする。」と発言した。
香港紙 サウスチャイナ・モーニング・ポストが報じている。(1/17)

トラブルが長引けば、各航空会社やボーイング社の経営にも大打撃が。

今のところ今週末の運航停止も決まっているようです。

100円マック廃止?ハンバーガー120円、チーズバーガー150円に!?

マクドナルドのメニュー

福岡先行でマクドナルドの値上げが実施されているそうです。

  • ハンバーガー 100円 → 120円
  • チーズバーガー 120円 → 150円
  • シャカシャカチキン 100円 → 120円

この値上げは全店に拡がっていくんでしょうか!?

最近、値上げニュースばっかり!!
65円だかでハンバーガー売ってたのが懐かしい。

1 2 3 4 5 6 7 18

ホーム > データ・数値・推移

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2018 年 11月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る