ホーム > 旅行

旅行のアーカイブ

ハワイで円をドルに両替した方がお得。

今回、ハワイに行く際、円をドルに両替を日本の銀行でしました。
これがかなり失敗でした。。。

アメリカドルが82円台の時に、銀行のレート1ドル85.6円でドルに両替しました。
手数料が1ドルにつき2.7円でした。

ハワイのDFSギャラリアでも両替できて、レートをもっと安かった。
実際のアメリカドルが81円程度の頃に、1ドル82.7円程で円をドルに両替できたので、DFSギャラリアで両替した方が断然お得でした。
手数料(?)が1ドル1円程度。

ハワイで両替した方が、高いと聞いていたのに~。

今回のハワイ旅行での教訓でした。

次はFX経由での送金両替に挑戦するか、ハワイのDFSで両替にしよう!

ハワイDFSの近くの両替所の方がお得に両替できる日もあるそうです。
ハワイはショッピングする機会も多いので、1円程度でもドル円の交換レートは重要ですよね。
滞在時のお土産代くらい賄えるかもです!

ただ、ホノルル空港で両替するのは手数料が高いそうなので、NGです。

最近は、1ドル85円になったりしてますね。
変動が激しいときには、買い時に日本でちょっとずつ両替していっても良いかもしれませんね。

ハワイでブライダルフォト(TUTU)撮ってきました。レビュー

ハワイの新婚旅行で、一緒に結婚記念としてブライダルフォトを撮ってきました。

旅行代理店で紹介してもらったTUTUさんにお願いしました。
TUTU | ハワイロケーションフォトプラン

旅行代金で手一杯だったので、一番安いプランでお願いしたのですが、ホント大満足!!

プラン内容(PlanA)は、

  • 新郎新婦衣装(レンタルドレス&タキシード)
  • 新婦ヘアメイク
  • 着付
  • ブーケ&ブートニア(レンタル造花)
  • リムジン送迎
  • 撮影約100カットCD-Rom

TUTUサイトのプラン内容には書いていませんでしたが、ネックレスとイヤリングもついていました。
自分で用意するものは、女性は、ストッキングのみ。男性は靴下のみ。あとチップ。

これで65,000円。
日本でドレスの試着はできないので、写真撮影当日にドレスを何枚か試着して決めることになります。
でもだから、安い価格でできるとのことです。
また、ハワイと日本では、置いてあるドレスに違いもあって、ハワイの方がドレスの数が多いそうです。
(札幌店で聞いた話)
ドレスの写真と、ハワイにあるドレスを見せてもらえました。
実際、「決断力に自信がない」と言っていた奥さんも決められるくらいどれを選んでも良いドレスが多かったとのことです。

ドレスやタキシード、ブーケ、ネックレス、イヤリング、ティアラは、好みのものにアップグレード可。
(だいたい100ドルとか150ドルプラスする感じでアップグレード。)

時間は10時にハワイTUTUに行き、13時ころに終了しました。

女性はメイク・ヘアメイクもしてくれる専門の方がやってくれます。
男性は自分でヘアメイクします。

それと、最初から最後まで、コーディネーターの方がついてくれます。

スタッフの方は、全員日本人でとても良い対応をしていただきました。

そして写真は、こんな感じ。
ブライダルフォト wedding photo

場所はアラモアナビーチ。
当日は晴れていたので、ビーチで写真を撮ってもらえました~。
ビーチだけでなく、近くの公園っぽいところや、ヨットの近くでも撮ってもらえました。

天候が悪かったりすると、場所は変更したりするそうです。

カメラマンの方は日本人ではなかったですが、日本語が話せて面白い方でした。
かなり緊張していたんですが、リラックスできました。

送迎のリムジンは、そのときどきで違うようですが、ハマーリムジン!
ハマーリムジン

リムジンの中
人生初リムジン!

写真はCD-ROMのデータで110枚もらえました。
ついてくれたコーディネーターの方は、ずっとカメラマンの方とは別に、私たちのデジカメで写真とってくれてました。
しかも、すごくキレイに。
なので、CD-ROM以外に、自分たちのデジカメにも100枚以上ありました。

コーディネーターの方には、いろいろと助けてもらえました。
帰りに、ご飯のおいしいお店を教えてもらったりで、さらに、お世話になりました。
感謝です。

正直、ネットで調べた他のブライダルフォトの業者より安いので、期待しすぎない方が良いかな。
って思ってましたが。
「本当にこの値段でいいの!?」
ってくらいの(奥さんも私も)満足度でした。
ハワイでブライダルフォトを撮るなら、TUTUがホントにオススメです!

データだけでもらっても・・・な方は、アルバムもつくってくれるプランもありますよ。

ちなみに、チップはヘアメイク、リムジンの運転手、カメラマン、コーディネーターの4人の方に渡しました。
10~20ドルが相場だそうです。

ハワイは楽しいけど、商売人たちの勧誘がウザい

ハワイ旅行は、かなり楽しい思い出になりました。
今となっては、ハワイにいたのはかなり前のような気がします。

ハワイは楽しかったんですが、やたらと商売人たちに声掛けられる。正直かなりウザいくらいに・・・
せっかくの旅行で嫌な思い出はつくりたくないものです。
何かを強引に買わされたり、いらない写真撮られてお金請求されたり。

これからハワイへ旅行する人への注意的なものを少々書いてみました。
(私のように旅行慣れしていない方は特に注意!!)

アラモアナショッピングセンターでは、イスラエルの方が「死海の塩」のマッサージソルト(?)を手につけてくる。
アラモアナ 死海の塩
そのまま、通路脇のショッピングワゴンに近寄らないで帰ろうとしていたら、「ミズ、ナガス」言われ。。。
水で流さないといけないヤツでした。
流すために、ワゴンまで連れてかれる。
そこからが長い。写真を見せられ、片言の日本語でたたみかけられた。
「ヤバイネーツルツル、スベスベ」言ってくる。
確かに水で流したあとの手は、ツルツルして気持ちよかったけども。
1本30ドル出してまで、正直欲しくない。
よくわからないブランドもないようなものだし。
「今来たばかりだから、欲しくなったらまた来る。」
と言って、去ろうとしても、
「3本買ったら安くする」とか、「こんなクリームもある」とかしゃべり始めて去れない。
買わずに済ませましたが、すごく強引。
詐欺ではないんだろうけど。。。

その後、同じような死海の塩関連のクリームやマッサージソルトが売っている店がありました。
そっちの方が見た目ちゃんとした商品っぽい感じだった。

他には
カラカウア通りを歩いていると、急にオウムを乗せてこようとしてくるおじさんや若い人も。
オウムを乗せられたら、写真撮られて20ドルとか40ドルとか請求されるそう。
かなり詐欺まがいな・・・
観光客とオウムのおじさんが喧嘩になっている現場も見かけました・・・
去年ハワイ旅行した友人から話は聞いていましたが、いるんですね~。
(JALPAKやJTBのラウンジにもオウム屋についての注意書きがありました。)
こんなん言っても、私もぼーっと歩いててオウム乗せられそうになったりで、危なかったんですけど。

カラカウアの露天の近くを通ると、日本語で「これ持ったことある?」とハワイの風鈴的なものを渡そうとしてくる人も。
キレイだし、欲しい人は良いけど、売りつけようとされるとね。
その店(?)の前を通ると、毎回。
(ちなみに、この風鈴売るのはアラモアナショッピングセンターの死海の塩売っている付近にもある。「トモダチ」言って近寄ってきた。)

お土産屋さんでも詐欺まがいな価格でお土産を売りつけるなどもあるそうな。
(聞いただけの話で、どんな店かわかりませんが・・・)

ハワイの土産は、ウォルマートで買うと安く済みますよ。
いろいろ売ってて楽しい。

片言の日本語をそこらへんじゅうで聞こえて、ウザいくらい売りつけにくるのは嫌な気分になりました。
(旅行慣れしてないからかな。)
日本人旅行者は、狙われやすいのかもしれませんね。

なんだかんだ言っても、またハワイに行きたい!!!
誤解のないように、最後に一言。
うれしい対応や助けてくれる人の方もたくさんいました。
というか、そういう人の方が多かったです。

時差ボケが治らない。解消法

先週まで、ハワイへ旅行してきてハワイでは時差ボケがなかったのですが、帰国後、人生初の時差ボケに。
年齢的な影響か・・・
21時には眠くなり、4時には起きてしまう。
そろそろ、時差ボケを解消したい!

時差ボケになりやすい人・状況

  • 普段、規則正しい生活をしている人の方が時差ボケになりやすい。
  • 若者より高齢者の方が時差ボケになりやすい。
  • 内向的な人の方が時差ボケが治りにくいそう。

旅行する方向も関係する。
一般的に、西向きフライトよりも東向きフライトの方が時差ボケの症状が強く、解消しづらい。
たとえば
東向きフライトは、日本からハワイやアメリカ
西向きフライトは、日本からヨーロッパ方面

時差ボケ解消方法

  • 朝日とともに目覚めて、熱いシャワーと太陽の光を浴びる。
  • できるなら、軽いジョギングやウォーキングをする。
  • 日中は、活動的に動き、人と話をしたり出掛けるようにする。
  • 昼寝はなるべくしない。

このように生活すると、体内時計が調整されやすい。


こんな時間まで起きて仕事してる時点で、時差ボケ解消は程遠いような。
辛いとは聞いていたものの、ここまで時差ボケが辛いものだとは思っていませんでした。。。
飛行機の客室乗務員やパイロットの方々は大丈夫なんだろうか。
すごい仕事です。

海外旅行保険はインターネットで加入すると安い

こんな時期に旅行するのは不謹慎な気もしますが、、、
今年の初めから準備してきた新婚旅行なので、来週からアメリカに行ってきます。

で、うっかりしていた海外旅行保険。
海外旅行の保険は必要か?
という記事を書いてからすぐに保険に加入しようと思っていましたがズルズルと今日に。

一度、今回の旅行を手配してもらった旅行代理店の方に海外旅行保険の見積もりをもらってみたら、結構高いんですね。
8日間で夫婦で保険料は約10,000円。

加入しようと思っていましたが。
ネットで確認してみると、ネットからの保険加入の方が、補償内容はあまり変わらず、安く済むことがわかりました。

で、せっかくちょっと保険のこと調べたし自分でインターネットから加入することにしました。

私は今回『損保ジャパン Off(オフ)』という保険に加入しました。
私が調べた限りでは、評判も悪くない感じでした。
保険料は、夫婦で約5,000円
必要な保険を自分で選ぶこともできますが、パックになっている保険で契約しました。

ほとんどの保険会社は、現地コールセンターは外部委託で対応は変わらないそうなので、今回安さ重視で!
(使っているコールセンターまではわかりませんので。ネットで見る限りではコールセンターは日本語で対応してくれて良い印象の方が多いみたい。)

たぶん何もないと思いますが、万が一のための保険。
病院にかかったり、ホテルで不注意で何か壊したりしたら大変。
最近では、どの保険会社もたいてい提携病院でキャッシュレスサービスというのがあるので、万が一病院にかかってもお金を払うことなく医療を受けられます。
これだけでも安心です。

自分でも少しくらいは調べて行こうと思います。
泊まるホテル付近の病院とか。多少の英語とか。

1 2 3 4 5 6 7 8

ホーム > 旅行

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2019 年 5月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る