ホーム > WEB > メモ

メモのアーカイブ

ペニーオークションとは

ぺニーオークションは、これまでのYahooオークションなどとは違い、入札ごとに入札手数料がかかるが、商品を破格で購入できる可能性があるオークション。
ドイツのSWOOPOが発祥といわれています。
宝くじやギャンブルに近い感覚のオークション形式です。

それまで、欲しい商品に入札手数料をかけても、商品が手に入るとは限らない。
最終的に商品が落札できなければ、入札した分だけの料金がかかるだけになってしまいます。
国内最大手の激安オクでは、1回の入札手数料が75円かかります。
100回入札にチャレンジすると、商品が落札できなくても7500円かかってしまうだけになってしまいます。

そして、入札ごとに20秒オークション開催時間が延長され、15円程度商品の価格が上昇します。
最後に入札が殺到して、いつになったら終わるのかわからない入札合戦が繰り広げられています。

ただ、商品が落札できたときには、破格で商品を購入できる可能性があります。
「iPad Wi-Fi 64GB」が400円ほどで落札されていたり、40インチの液晶テレビが数千円で落札できるなんてことも。

ペニーオークション

ペニーオークション

それまでに、入札手数料がどのくらいかかるのか?がポイントになりますね。
あまり、突っ込みすぎると、引くに引けなくなり数万円なんてあっという間にかかるので、熱くならない程度に。

オークション運営側からは、
落札金額は大した金額にならないことが多いので、入札手数料で稼ぐビジネスモデルになっていると思います。
入札してくれる人が少なければ商品の仕入れ価格を大幅に下回り赤字が続いてしまいます。
集客力がものをいうので、オークション運営側もリスクがあるビジネスモデルですね。
集客力のあるサイトになるまで、大金がかかっていそうです。
ドイツのSWOOPOは2008年から開始して、すでに200万人以上の会員がいるペニーオークションサイトになっています。

ギャンブル的要素がかなり強いシステムになっているけど、もしかすると、欲しかった商品が数百円ほどで手に入るかも!?
業者さんの参入なんかもあるようなので、資金力が違うますので熱くなりすぎたらダメ。
また、露骨にBOTが参加しているオークションもあったりするので・・・なんだかんだいってあまり信用できるシステムではないかも。

追記:2011/03/10
かなりの数のペニーオークションがやめていっています。

追記:2012/12/8
ワールドオークションというサイト運営者が詐欺容疑で逮捕された。
BOTを使い、商品の落札が不可能なシステムになっていた。
詐欺が発覚したきっかけは、スマートフォンから個人情報を抜き取るウイルスを保管したとしてサイト運営者が逮捕され、押収した証拠のデータを解析した結果、仕組みが分かった。

グラフィックボードからディスプレイのカラー設定方法

前回、「液晶ディスプレイ「LG電子 E2350VR-SN」レビュー」でグラフィックボードの設定を変化したというところで、変更の仕方を少々。

ディスプレイの設定だけでは、なんともならない場合、グラフィックボードの方でも設定を変更してみましょう。
ディスプレイのカラーが良くなるかもしれません。

Windowsで、NVIDIAを使用している場合です。
(NVIDIA Geforce 9800GTを使用しています。)

「コントロールパネル」から「NVIDIA Control Panel」を開きます。

geforce_controlpanel グラフィックボード設定

「NVIDIA Control Panel」の左側に「3D Setting」「Display」「Video」のカテゴリがあります。
ディスプレイのカラー設定は、「Display」の中の「Adjust desktop color setting」をクリックします。

すると画像のようの画面が出てきますので、
1、カラーの設定をしたいディスプレイを選んで、
2、「Use NVIDIA setting」にチェックを入れ、「Brightness」「Contrast」「Gamma」の数値を変えます。
3、「Digital vibrance」「Hue」の数値も変えます。

これで、いろいろ数値をいじってみて、「使えるカラーの設定」を探してみてください。

WordPressテーマ「KeKo」で検索結果が表示されない。

WordPressのテーマ「KeKo」をダウンロードしてそのまま使うと、サイト内検索がうまくできません。

searchform.phpをみてみると

<div id="search">
<form method="get" action="<?php bloginfo (�home�); ?>">
<input name="s" type="text" class="sbar" value="Search here" onfocus="if (this.value == 'Search here') {this.value = '';}" onblur="if (this.value == '') {this.value = 'Search here';}" size="10" tabindex="1" />
<input name="x" type="image" class="submit" src="<?php bloginfo('template_directory'); ?>/images/s.png" alt="search" />
</form>
</div>

2行目
php bloginfo (�home�);
が文字化けしてしまっています。
これを
php bloginfo (‘home’);
と修正すると、問題なく検索結果が表示されるようになります。

フリーのWordPressのテーマを使っていると、細かいところで様々な問題がでてきますね。

phpの暗号BASE64を復号化する

WordPressの無料テーマを使っていて、「テーマの編集」をしようとしたら、暗号化されてて困った。
という経験ありませんか?

暗号されている中には、もしかすると、スパムかもしれないリンクが仕込まれているかもしれません。
他のサイトで使っているテーマのfooter.phpが暗号化されていまして、かなり困りました。
修正するにしても、「どうやって暗号を解除するのか?」と困っている方もいると思います。(私とかね。)

探してみたら、暗号化されているコードを複合化してくれるサイトがありました。

php $_F=__FILE__;$_X= Byterun Decoder

php $_F=__FILE__;$_X= Byterun Decoderにアクセスして

$_F=__FILE__;$_X=この部分を入力します。

「Decode This Rubbish」ボタンをクリックして復号化してくれます。

あとは、ソースを見てスパムっぽいところを修正できますね!

エコでスマート「キーホルダーマウント」

fi-bi(フウビ)で販売されているBuckle Up キーホルダーマウント

fi-bi キーホルダーマウント

シートベルトの固定部分ですね!
外出するときはPRESSボタンで外して家を出る。
帰宅したら「カチャ」とつけておしまい!
スマートですね!
これから鍵をよくどこにおいたか忘れてしまう私も、探しまわらなくて済むようになりそう!

fi-bi キーホルダーマウント 使用例

しかも、2980円と価格も安い。
Buckle Up キーホルダーマウント

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

ホーム > WEB > メモ

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2019 年 6月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る