ホーム > WEB > メモ

メモのアーカイブ

Amazon電子書籍 新刊が売れると赤字?

Amazonは、紙の本と電子書籍(キンドル版)では同じ内容の本であっても値段が違う。
たとえば、30ドルの新刊書籍を仕入れるときは、電子書籍でも紙の本でも半額の15ドル程度で仕入れる。
(紙の本でも電子書籍でも多くは仕入れ価格は、ほぼ変わらない。)
当然、紙の本は30ドルで販売される。
が、電子書籍は、新刊を9.99ドルで販売している。
15ドルで仕入れて9.99ドルで販売するので、5.01ドルの赤字が生じてしまう。
30ドルの新刊書籍の例なので、本の価格が安くなれば、赤字幅は小さくなるが、多くの新刊ハードカバーは20ドル以上で販売が開始されるため、新刊が売れれば売れるほど赤字が大きくなることになる。

しかし、アメリカでは日本と違い「再販制度」がないので、本の価格は時間の経過とともに安くなる。
電子書籍も安くなっていく本の価格と連動する。
そこで、値下がりした本を出版社から10ドル以下で仕入れることでAmazonの利益が生まれる。

新刊の方で、赤字がでてもほかの安く仕入れた本で埋め合わせをし赤字がでなくなるように運営されている。

日本の「再販制度」は、電子書籍の普及を妨げている存在になっている。

本をiPadやKindleで読めるように!書籍スキャン代行サービス

自分の持っている本をPDFに変換してくれるサービスのようです。
その名も、書籍スキャン代行サービス『BOOKSCAN』。

実際、自分でも簡単にできたりするのですが、
断裁機や両面読み込めるスキャナーが必要になったり、自らやるとなるとお金と時間がかかる。
それを低価格でやってくれる。

自分の本を段ボールにつめてBOOKSCANに送るだけで作業してくれるます。

1冊/100円(350ページ以内)
オプションで、
ファイル名変更・・・1冊/50円
OCR(透明テキスト)・・・1冊/100円
DVD-R納品・・・1回/3,000円

BOOKSCANの説明ムービー

ただ、今は結構混んでいるらしく納品まで時間がかかるようです。。。

BOOKSCAN

クリエイターコミュニティサイト一覧

クリエイターコミュニティサイト一覧
クリエイター・デザイナーをやっていて(目指していて)誰かにみてもらいたい!仕事につなげたい!!
また、制作仲間がほしい!なんて思うことがありますよね?
そんなときは、クリエイター向けのコミュニティサイトがあるので、のぞいてみてはどうでしょうか?
いろいろな人の作品をみるだけでも刺激になっていいかも!

良さそうなクリエイターコミュニティサイトをまとめてみました。

ロフトワーク
ポートフォリオ機能や1GBのストレージ機能を完全無料。
登録者数が11,000人(ロフトワーク公表数)
仕事や求人情報もある。


アットクリエイターズ

登録方法が2種類ある。
自分で制作したオリジナル作品の公開やグッズを販売することを目的とした「クリエイター登録」。
作品鑑賞やグッズの購買を楽しむことを目的とする「ユーザー登録」。
仕事の情報もある。


グローバルクリエイターズビレッジ

デザイン・写真・絵など誰でも簡単に作品を発表できる。
クリエイターのための無料コミュニティ


pixiv
イラストコミュニケーションサービス


仕事の情報があるサイトもありますが、トラブルを避けるために、条件や報酬などしっかり確認してから、仕事を請け負うようにしましょう。
せっかく頑張ってもトラブルになったりしたら、時間がもったいないですしね。

クリエイティブコモンズ3.0 解説まとめ

クリエイティブ・コモンズ 3.0 まとめ

クリエイティブコモンズが良く分からないので、調べてみた。
以下6項目があり、すべて原作者クレジット表記が必要。

  • Creative Commons 3.0 Attribution
  • 原著作者クレジット表記が必要。商用利用OK。改変OK。
    ただ「Creative Commons」や「Creative Commons Licenses 3.0」と表記されているものは、Creative Commons 3.0 Attributionとして扱っても問題ない。

  • Attribution-NoDerivs
  • 原著作者クレジット表記が必要。商用利用OK。改変NG。

  • Attribution-NonCommercial-NoDerivs
  • 原著作者クレジット表記が必要。商用利用NG。改変NG。

  • Attribution-NonCommercial
  • 原著作者クレジット表記が必要。商用利用NG。改変OK。

  • Attribution-NonCommercial-ShareAlike
  • 原著作者クレジット表記が必要。商用利用NG。改変OK。
    ただし、改変し頒布する創作物はライセンス体系を同じにする必要がある。
    この場合は「Creative Commons 3.0 Attribution-NonCommercial-ShareAlike」としなければならない。

  • Attribution-ShareAlike
  • 原著作者クレジット表記が必要。商用利用OK。改変OK。
    ただし、改変し頒布する創作物はライセンス体系を同じにする必要がある。
    この場合は「Creative Commons 3.0 Attribution-ShareAlike」としなければならない。

未だに何がどうだったかわからなくなるので、メモでした。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスとは

文章を「論文」にする方法

このブログを読んでくれた方は、「こいつ何言いたいんだ?」的なことになっていることがあると思う今日このごろなわけで、文章力を少しでも向上させるためのメモです。

これから紹介するのは、テストの花道という番組で紹介されていた方法だそうです。
ブログを書くのとは違うのですが、「作文」を「論文」にする方法が紹介されていましたので、参考に。

  1. 書き抜き
  2. なたもだ
  3. 語尾と複数の根拠

「書き抜き」ってのは、
とりあえず、気になることを書き出す。
そこから自分の意見を出すのが「なたもだ」。

「なたもだ」ってのは、
な→なぜなら(理由)
た→たとえば(具体例)
も→もし(仮定)
だ→だから(結論)

さらに、「語尾と複数の根拠」を追加して論文になる。
語尾は「ですます調」よりも「である調」で文章が力強くなる。
複数の根拠は、根拠が3つ以上ある方が説得力が増す。

困ったときは、これを参考にしてみよう!

1 4 5 6 7 8 9 10 11

ホーム > WEB > メモ

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2019 年 6月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る