ホーム > モノ > 針を使わないホッチキス『ハリナックス』 メリット・デメリット

針を使わないホッチキス『ハリナックス』 メリット・デメリットこのエントリをはてなブックマークに登録

針を使わないホッチキス『ハリナックス』。
針を使わないホッチキス『ハリナックス』
針なしホッチキス『ハリナックス』

買ってみました。
ちょっと使い勝手の面で感じるところがありましたので記事に。

こんな風に紙を留めてまとめることができます。
針なしホッチキスの留め方

メリット

針を使わないので、針がなくなることを心配しないし、無駄な素材(針)を使わないので環境にも少し良い。
少ない枚数のセット(伝票など)を閉じるなら、かなり重宝しそう。
それと、あとでシュレッダーにかけるような書類だと金属針を気にしなくて済みますね。
針でケガをすることがなくなる。

デメリット

多くても4枚程度しかまとめることができない。
がんばって6枚とか閉じようとすると、ぐちゃっとなります。
厚紙には不向き。
止める力が強力ではないので、直角に2ヶ所留めた方が安心です。

枚数の問題に関しては、強力な針なしステープラーが売っています。
こちらは10枚までいけて、1度に2穴あけてくれます。
10枚の紙を留められる針なしホッチキス
コクヨ S&T 針なしステープラー 2穴タイプ SLN-MSP110D

サイズ:13.9cm×18.1cm
これはこれで10枚までしか留められない割には大きい。

感想

私としては、針を使わないホッチキスは割と使える商品だと感じました。
あまり期待せずに買ったからかもしれませんが、従来のホッチキスの使い勝手を想像して買うと、ガッカリするかも。
書類によって使い分ければ、メリットを活かすことができそうです。
不便に感じる部分は、今後改善された『ハリナックス』が登場することを期待。

ads:

デル株式会社

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://neta.smart-ness.net/creative/mono_creative/3310.html/trackback
トラックバックの送信元リスト
針を使わないホッチキス『ハリナックス』 メリット・デメリット - ネタ喰い より

ホーム > モノ > 針を使わないホッチキス『ハリナックス』 メリット・デメリット

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2019 年 5月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る