ホーム > アーカイブ > 2010年4月のアーカイブ

2010年4月のアーカイブ

最近気になる本(投資・科学)

私は本屋が大好きで、本屋に行くと1、2時間は軽くいてしまいます。
気になる本を見つけるんですが、次行ったときかなり忘れていたりするんです。。。
なので、ちょっとメモを・・・

投資ミサイルとか、もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーを読んだらって小説風に書かれてて面白そう。
まだ、科学で解けない13の謎は単純にこういう本が好きってだけなんですが、

  • 巨大ウイルス–私たちはウイルスの子孫? 物議をかもす異形のウイルス
  • 死–生物が死ななければならない理由が科学で説明できない
  • セックス–有性生殖をする理由が科学ではわからない
  • 自由意志–「そんなものは存在しない」という証拠が積み重なっている
  • プラシーボ効果–ニセの薬でも効くなら、本物の薬はどう評価すべきか?
  • ホメオパシー(同種療法)–明らかに不合理なのになぜ世界じゅうで普及しているのか?

ちょっとした話のネタになりそうです。

三井アウトレットパーク(札幌北広島)へ行ってみた

4月22日にオープンした三井アウトレットパーク札幌北広島へ29日に行ってみました。
車で行ったのですが、かなり駐車場待ちが・・・
祝日だったので混んでいるだろう。とは思って、夕方16時ころに着くように行ったのですが、あんまり関係なかったようです。
30~40分ほど駐車場待ちで並びました。

やっと中に入れたところで、やっぱり人は多かった。。。
けど、服安い!あまり買う予定はなかったのですが、ついつい買ってしまった。
人が多くて疲れたけど。
個人的には、建物全体に行き止まりがなく、お店をまわりやすくてよかった。
そして、北海道物産展的なところが1階にあり、野菜が安かったのはびっくり。
服買いながらだと邪魔になりそうだから、帰りに買おうと思って結局買い忘れてしまったのですが。

北海道初上陸ってことで、アイスクリーム店のCOLD STONE CREAMERY(コールド・ストーン・クリーマリー)は行ってみたかった!
私が行ったときは、ずっと行列ができていて並ぶ気力もなく、諦めてしまいました。
気合入れて並んでみればよかったかな!?

WordPressプラグイン「Head Cleaner (最適化&高速化)」ソースをきれいに!

robots.txtが消えてたおかげ(?)でいろいろといじってみて、ソースの汚さが嫌になりなんとかしようと試みた。

私の環境での修正点は以下です。
WordPress2.9.2
テーマ:Vicuna2.0.3
プラグイン:All in one seo etc

今回改めてソースを見てみると、head内にいらないものがたくさんありすぎて、困りはてました。

<link rel="start" href="xxx" title="xxx" />
<link rel="prev" href="xxx" title="xxx" />
<link rel="next" href="xxx" title="xxx" />

まず、このコードがtitleとurlの記述が逆になったものが重複してあったので削除したい。
けど、wp_headのいじり方がよくわからん。

検索してみると、プラグインでなんとかなるとか。
Ktai Styleでお世話になったサイトに、Head CleanerというWordPressのプラグインがあった。
このプラグインは、WordPress サイトの の中身と、フッタ領域を整形しなおすことが簡単にできる。
で画像の項目にチェックを入れたことで重複分のソースが削除され、1つにまとまった。

head cleaner WordPressプラグイン

プラグインを削除すれば、Head内がもっと整理されるのですが。
WPFancyは、今のWordPressのバージョンに対応されていないのか、背景画像がズレてしまっているので削除したいと考えているのですが、利便性を考えると削除できない。

サイトが表示されるまで何秒耐えられる?

ページが表示されるまでに、2秒以上かかってしまうと半数のユーザーをイライラさせてしまうようだ。
2009年にAkamaiがユーザー調査した結果は以下。


ユーザーにページ表示が遅いと感じさせてしまうまでの時間
対象:米国のネットショップ利用者1048名

4秒超 17%
3秒 36%
2秒 30%
1秒 12%
1秒以下 5%

2秒以下までの合計が47%ということで、役半数のユーザーがページ表示が遅いと感じてしまう。
3秒以下までだと、86%ものユーザーに遅いと感じさせてしまう。
2006年に行った調査では、4秒という答えが多かったということ。
3年程度で、半分の2秒までしかまてないほど、ユーザーはせっかちになっているということになる。
特にページ表示を気にする人は、オンラインショップで年間1500ドル買い物をする人だそうだ。
サイトの表示速度と売り上げの関係は、

  1. サイトが使いやすさ(88%)
  2. 個人情報が安全に守られているか(74%)
  3. 商品の詳細がわかる画像や動画の有無(67%)
  4. 商品検索機能がちゃんと動作するか(60%)
  5. チェックアウトのステップがスムーズか(57%)
  6. ページがすばやく表示されるか(52%)

表示速度は、6番目の理由ではあるが、半数のユーザーの購入意欲を下げてしまうかもしれない。

googleが速いと判断するサイトは1.5秒以内に表示完了するサイトのようです。
また、サイトの上位表示させるための対策(SEO)としても、速いサイトは1つの判断材料となるようだ。
(200以上ある指標の1つなので、大きい要因とは言えないまでも、影響はある。)

日本人への調査ではないので、国民性などの問題もありそうだけど、速いインターネット回線が日々普及していく中で、ユーザーがせっかちになっていることには変わりないだろうと思う。
今後、さらにシステム、デザイン、表示速度はシビアになってきそうだ。


参考資料
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2010/04/27/7848

WordPressテーマ wp.Vicuna2.0.3の設定

Vicuna2.0.3をいろいろと試してたここまでの経過を!
私のようなWordPress初心者にやさしい設計です。

まず、Vicuna2.0.3にテーマを変更すると、WordPressの管理画面にVicunaの設定が追加される(左下に)。
Vicunaの設定画面を表示すると、

  • 一般タブでは基本的な設定を行う。

    vicuna一般設定

    言語、記事のタイトルの設定、グローバルナビゲーションの設置の有無や表示するページをチェックしていくだけで、簡単に設定できる。

  • スキンタブでは、スタイルシート、幅、メイン画像の位置を選択を行う。

    vicuna スキン

    CSSスタイルが4種(style-galaxy,mono,flat,vega)入っていて、テーママネージャーで選択できる。
    ページの幅も固定幅、可変幅(default選択時)でき、固定幅は、800px~1000pxまで50px刻みで選択できる。
    eye catch typeでは、メイン画像を表示する位置を4パターンから選択できる。(defaultで画像なし)

  • レイアウトタブでは、レイアウトの選択を行う。

    vicuna_layout レイアウト

    2カラム、3カラムを選択できます。

  • スキンを『Style-galaxy』を選択しているとカラータブが表示されます。
    カラーの有無を選択。
    『無』を選択すると、『Style-galaxy』のデフォルトの配色でページを構成します。
    vicuna_color

    『有』を選択すると、Adobe kulerというサイトで公開されている配色を選択し、自分のサイトの配色を決めることができます。
    自分の好きな配色を選んで、プレビューで確認できます。
    vicuna_color_kulerで配色を選択

    kuler

  • Adobe kuler

wp.vicuna .extってので、前からできたこともあるようですが、かなり簡単で便利だと思いました。
またウィジェットでサイドバーの配置も簡単に変更できた。
ただ、スキンを『Style-galaxy』にしてkulerで配色を選択すると、HTML内に配色をするためのCSSが記述されてしまうので、本文の前のソースがかなり多くなってしまった。
おそらく、SEO的には良くないでしょう。
私はStyle-flatでそのまま使用させていただいています。

1 2 3 4 5 6 11

ホーム > アーカイブ > 2010年4月のアーカイブ

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2010 年 4月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る