ホーム > アーカイブ > 2010年6月27日のアーカイブ

2010年6月27日のアーカイブ

物価No1は東京じゃない!?

総務省が25日発表した2009年の消費者物価地域差指数では、物価が最も高い街は横浜市だった。
消費者物価地域差指数とは、全国平均を100として、都市別などの物価水準を比較する指標。

  1. 横浜市:110.2
  2. 東京都区部:110.0
  3. 大阪市:107.1

1963年の調査開始以来、ずっと物価高No1を保持し続けてきた東京都区部だった。
原因は、東京の食料品の値下がり。

逆に物価の最も安い街は

  1. 宮崎市:96.6
  2. 秋田市:97.5
  3. 那覇市:97.8

宮崎市は、3年連続で物価の安い街No1となった。

横浜市の物価は宮崎市よりも物価が14.1%も高い水準。

以外に、札幌市は13位で103.2と全国平均を上回っている。
よく景気の面で北海道は沖縄と比較されるので、那覇市と同じくらいの順位だと思っていた。
景気が悪い割には、札幌市は物価高いように感じる。

ホーム > アーカイブ > 2010年6月27日のアーカイブ

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2010 年 6月 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る