ホーム > アーカイブ > 2010年7月5日のアーカイブ

2010年7月5日のアーカイブ

働く『減給・ボーナスカット』

減給やボーナスカットについて。

例えば、遅刻や無断欠勤してしまった場合に制裁制度の一つとして減給を定めている会社もあります。
就業規則などに「遅刻・無断欠勤した場合、減給する。」と定められていれば、減給は仕方ないことです。
雇用している側も、見込んだ分の労働が得られなければ給料も満額払うのは大変です。

しかし、減給には上限があります。
少し遅刻しただけで、一日分の給料を減給されるなんてことはありません。
労働基準法では、「減給の制裁を定める場合には、1回の額が平均賃金の1日分の半額を超えず、また総額の1割を超えてはならない。」とされています。
もし就業規則などにこれを上回る額が記されていれば注意してくださいね。

減給ではなく、会社の業績が悪くなり「ボーナスカット」されてしまった場合はどうでしょうか?

賞与(ボーナス)は毎月の給与と扱いが違い、法律上賞与の支払いが義務付けられているわけではありません。
就業規則などで「会社の業績になどを考慮して会社が定める。」などとされている会社が多いようです。
しかし、具体的に「賞与は○ヶ月分支払う」などとされていれば業績にかかわらず会社は賞与を支払わなければいけません。

賞与は、就業規則や賃金規定に記されている算定基準などが、どのように規定されているか確認してみましょう。

働く『就業規則をしっかり確認』

就業規則とは、使用者が制定する労働条件の画一化・明確化のため、就業時間・賃金・退職・職場規律等について労働基準法において定められた規則のこと。(wikipedia引用)
ようするに、職場ローカルの法律みたいなもの。
様々なことが定められていますので、働くときはしっかり内容の確認をしましょう。

もし、就業規則に労働基準法の範囲外のことがかかれていても、その項目に強制力はありません。
契約書も同じです。

もし、契約書や就業規則に「契約期間内で辞めたら求人にかかった費用○○万円を請求する。」となっていたとしても、これは無効になります。
なぜなら、労働基準法には、「使用者(会社側)は労働契約の不履行について違約金を定めたり、損害賠償額を予定する契約をしてはならない」とあり、労働者の退職の自由を拘束し不当に足止めさせることになるため禁止されています。

何か、気になることがあれば労働基準監督署に相談してみましょう。

ナツイチ2010 名作スペシャルカバー

集英社文庫のナツイチ2010のスペシャルカバーがかっこいい!

カバーイラストに新たに
『テガミバチ』の浅田弘幸
『いちご100%』の河下水希
『D.Gray-man』の星野桂
が採用されてる!

浅田弘幸は「銀河鉄道の夜」
銀河鉄道の夜

河下水希は「たけくらべ」
たけくらべ

星野桂は「シャーロックホームズ」
シャーロックホームズ

カバーイラストを変更するだけで売り上げが激増するのがわかる素晴らしさですね。

ホームページちょこっと更新ツールHL-chocotto-editor(ちょこっとエディタ)

サイトを制作したら、更新もお願いされることが多いかと思います。
しかし、文字だけのちょっとした更新などで、金銭的に請求するほどじゃなくおまけ作業としてやってあげちゃうことが多いのです。
そんなときに、結構重宝するツールが「ホームページちょこっと更新ツールHL-chocotto-editor(ちょこっとエディタ)」。

このツールを使うと、HTML文書の任意のエリアをブラウザから更新できるようにしてくれます。
更新するエリアが決まっている場合は、ちょこっとエディタを設置してクライアントにおまかせ!という選択肢もできますよね。
フリーのCGIスクリプトなので、たいていのサーバーで利用できますし、金銭的負担もなくできるので助かりますね。

数年前からこのツールありますが、私は小規模サイトの作成が多いので、未だにちょくちょくお世話になってます。

以下からダウンロードできます。
設置方法も詳しく書かれていますので、初心者でも問題なく利用できるハズです。
HL-chocotto-editor(ちょこっとエディタ)

F1マシンを運転できるルノー「Feel it ドライビング体験プログラム」

先週ラジオでルノーの「Feel it ドライビング体験プログラム」というものを知りました。
なんでも、スーパー・ライセンスを持っていなくても、参加費5,500ユーロ支払えばハンガロリンク・サーキットでルノーのF1マシンを運転できる!!
参加費5,500ユーロって(1ユーロ110円)60万5000円!
金額だけ聞くと、そんな高い金額払ってF1マシン体験しなくても・・・
と思うかもしれませんが、F1マシンに乗るって本当にすごいことなんです。
数々の試練を乗り越えてレーシングドライバーはテストに参加するのですが、そのときに支払う金額は数百万とか。
場合によっては数千万円かかることもあるそうです。
そう考えれば、今は円高になったし、60万程は安いくらいに感じてしまいませんか?
しかも、この参加費には、空港からホテル。ホテルからサーキット場の送迎。五つ星ホテル一泊と夕食。
体験日当日の朝食と昼食もついている。
参加費以外にかかる費用は、日本とハンガリーの往復航空券だけ。

「Feel it ドライビング体験プログラム」の内容

まずはエンジニアやプロのレーシング・ドライバーから説明を受けて、基本的なF1マシンの知識を学ぶ。内容は本格的で本職のドライバーのようにスタッフ・ミーティングに参加したり、テレメタリー・システムを学習したり、サーキットの路面を歩いてコースの確認をしてみたりする。そうしたら次はフォーミュラ・ルノーに乗ってコース・イン。入門カテゴリーと侮るなかれ、搭載する2リッター・エンジンは192馬力とスポーティな乗用車並みだが、車両重量がたったの 500kg程度。0-160km/h加速は435馬力のポルシェ911 GT3より3秒半も速いのだ。

フォーミュラ・カーとサーキットに慣れたら、いよいよ最高速度320km/h・700馬力のF1の世界に挑戦となる。アラン・プロストによれば「現代の F1は誰でも乗れる」らしいが(ニキ・ラウダによれば「猿でも乗れる」らしい)、それがどんなものかは実際に乗った人でないと分からない、ほとんどの人間にとって未知の世界だ。確実に言えることは、今のF1マシンは、クラッチミートに手こずって発進でエンスト!ということはない、らしい。
無事にピットまで戻れたら、最後はルノー・チームのリザーブ・ドライバーが運転する3シーターのF1マシンで同乗走行。グランプリさながらのレーシング・スピードに近い加速と驚愕のブレーキングが体験できるそうだ。(auto blog引用)

加速が凄すぎて、顔の表面にある血液がどんどん後ろに移動してしまって、長くその状態でいると、気絶してしまうこともあるくらいだそうですよ!
首でしっかり頭を支えてやらないと、カーブに耐えられないらしく、首のすわっていない赤ちゃんのようになってしまうらしいです。
F1ドライバーが首太いのも納得ですね。
こんな凄いクルマに乗れる体験は一生に一度もできないでしょ~!

Feel it プログラム 公式ページ
Feel it プログラム 申し込み 公式ページ

ホーム > アーカイブ > 2010年7月5日のアーカイブ

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2010 年 7月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る