ホーム > アーカイブ > 2010年7月18日のアーカイブ

2010年7月18日のアーカイブ

1秒間のデータ通信量(日本)

日本における1秒間のデータ通信量は、1.36TBだそうです。
これは、DVD約310万枚相当。

TVで総務省の方が言っていたのですが、
このデータ通信量は、海外からのデータ流入量は44%。
5年前までは海外からのデータ流入量は20%以下だったそう。
年内にはシェアが逆転するかもしれないとのこと。

Gメールなどの海外のサーバーで運用しているクラウドサービスを利用した場合、海外からのデータ流入としてカウントされる。

海外からのデータ流入量が増えることで懸念されるのは、
たとえば、海外の動画サイトを日本の利用者が視聴した場合、現地の通信業者は発信元から料金が支払われる。
が、日本の通信業者には収入がないこと。
さらに、日本の通信業者はデータ通信量が増えれば設備を増強するなど設備投資が必要となる。
そうなれば、私たちエンドユーザーに対する料金負担が増える可能性もでてくる。


う~ん。料金負担が増えるのは困る。

動物・環境「スマトラサイ」

スマトラサイは、現在275頭以下しか生息していないと推定され、ワシントン条約付属書1種指定のサイです。
最小で体重800kg、体長2.5~3.2m。

生息数推移

1989年における生息数は962~536頭
1993年における生息数は495~356頭
1995年における生息数は約300頭
現在では、275頭と推定されている。

生息域

インドネシア、マレーシア

以前は、ブータンや中国雲南省、ミャンマー、タイ、ベトナムでも生息が確認されていた。

絶滅に追い込まれている原因

主に密猟と森林伐採による生息域の喪失により絶滅に追い込まれた。
密猟は、スマトラサイの角を狙って行われた。
スマトラサイの角は漢方薬の材料として珍重され、多くは中国で消費されてきた。

森林伐採は、オアームヤシなどのプランテーションに置き換えられ、パーム油が作られるため。
パーム油は、せっけんや化粧品、カップ麺、チョコレートなどの原料になる。

今後の生息数見通し
80~90年の約10年間で半分に減少し、今後20年でさらに25%近く減少するとみられている。

スマートグリッドとスマートシティ

スマートグリットは、IT(情報技術)を活用して電力の供給と需要を最適化する電力網のことで、電力需要に対し電力会社がリアルタイムで供給を調整できるシステム。
次世代送電網ともいう。

スマートシティは、スマートグリット(次世代送電網)を社会基盤に据え、自然エネルギーや電気自動車などの交通システム、省エネ型のビル、住居など都市機能全体を環境配慮型にした都市の考え方。

新興国の動き

アラブ首長国連邦(UAE)

首都アブダビで建設が進んでいる「マダール・シティ」。
約6.5km²の面積に5万人が生活するスマートシティになる計画。
総事業費は約220億ドル。
2006年に着工し2015年に完成を目指している。
太陽光や風力などの自然エネルギーのみで市内の電力を賄うゼロ・カーボンや、廃棄物を出さないゼロ・ミッションを実現した循環型の都市を目指している。

中国とシンガポール

中国とシンガポールは共同で中国・天津市に2009年に「中国・シンガポール天津エコシティ」の建設が始まった。
約30万km²の敷地の開発。
2020年には35万人規模の環境共生都市。
自然エネルギーの導入・廃棄物ゼロ・交通・運輸の省エネ化・廃水の再利用などの要素技術の総合化を目指している。

先進国の動き

日本や欧州などの先進国は、既存の電力系統が整っているため徐々にスマートシティに改変していくことになる。


市町村の合併が増加していることは、吉とでるのかな。
それとも、面積当たりの人口密度が低下していそうな印象があるので、悪い流れなのだろうか??

Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2010

Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2010

Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2010が今年も開催されています。

募集期間
2010年7月15日(木)~8月10日(火)

募集部門

  • ウェブコンテンツ部門
  • バナー部門
  • スマートフォン部門

賞金(一般の部)

  • グランプリ:賞金100万円/賞状/トロフィー(1作品)
  • ウェブコンテンツ部門
    Gold:賞金30万円/賞状/トロフィー
    Silver:賞金20万円/賞状/トロフィー
    Bronze:賞金10万円/賞状/トロフィー
    (各1作品)
  • バナー部門
    Gold:賞金30万円/賞状/トロフィー
    Silver:賞金20万円/賞状/トロフィー
    Bronze:賞金10万円/賞状/トロフィー
    (各1作品)
    ※バナー部門受賞作品は、広告として採用される可能性があります。
  • スマートフォン部門 
    優秀賞:賞金10万円/賞状/トロフィー(1作品)

Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2010の開催詳細はこちら

以前、投稿記事で書いた「ビジュアルブログ検索エンジンBlogopolis」は、2009年度受賞作品です。

Yahoo! JAPAN インターネット クリエイティブアワード2010

働く「労働契約期間について」

働こうと面接にいくと、「契約は3年まで」と言われたことはありませんか?
なぜ3年なのでしょうか?
3年以上は働けないのでしょうか?

労働基準法では、「労働契約の期間の定めがないものを除き、一定の事業の完了に必要な期間を定めるもののほかは、3年を超える期間については締結してはならない。」とあります。
わかりづらいですね。
要するに、有期労働契約なら上限を3年までということです。
これは、長期間の契約で労働者が不当に拘束されることを防ぎ、労働者の権利を守るために定められています。

しかし、必ず3年で契約が終わってしまうということではありません。
もっと長く働きたいのであれば、契約更新することを前提とした雇用契約を交わせるかを確認しましょう。
契約更新する予定があれば、3年を超えて働ける可能性があります。

特例があり、「厚生労働大臣が定める基準に該当する専門的知識等を有する労働者」と「満60歳以上の労働者との間に締結される労働契約」は上限5年となっています。

専門的知識等とは

  1. 博士の学位を有する者
  2. 公認会計士、医師、歯科医師、獣医師、弁護士、一級建築士、税理士、薬剤師、社会保険労務士、不動産鑑定士、技術士又は弁理士のいずれかの資格を有する者
  3. システムアナリスト試験又はアクチュアリー試験に合格している者
  4. 特許法に規定する特許発明の発明者、意匠法に規定する登録意匠を創作した者又は種苗法に規定する登録品種を育成した者
  5. 大学卒で実務経験5年以上、短大・高専卒で実務経験6年以上又は高卒で実務経験7年以上の農林水産業の技術者、鉱工業の技術者、機械・電気技術者、システムエンジニア又はデザイナーで、年収が1075万円以上の者
  6. システムエンジニアとしての実務経験5年以上を有するシステムコンサルタントで、年収が1075万円以上の者
  7. 国等によりその有する知識等が優れたものであると認定され、上記①から⑥までに掲げる者に準ずるものとして厚生労働省労働基準局長が認める者

詳しくは、労働基準監督署へ。

ホーム > アーカイブ > 2010年7月18日のアーカイブ

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2010 年 7月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る