ホーム > アーカイブ > 2010年7月20日のアーカイブ

2010年7月20日のアーカイブ

プロトコル「フォーマットとプロシージャ」

プロトコル

ネットワークを通じてデータをやりとりするには、「決まり事」に沿って行う必要があります。
「決まり事」がなければ、データが送られてきても、どんな表記方法でどんな手順で・・・がわからなく、大量に0と1の羅列が送られてくるだけになってしまいます。
その「決まり事」のことを、プロトコルといいます。

同じプロトコルに対応していれば、機器の種類やメーカーなどに関係なくデータをやりとりできます。

プロトコルは、複数をまとめたものを「プロトコル群」と呼ぶこともあります。
TCP/IPは、プロトコル群のひとつです。

プロトコルは、フォーマットとプロシージャというもので構成されています。

フォーマット

フォーマットは、データの構成がどうなっているのかの決まり事です。
(必要な情報の表記方法や情報のある場所などの構成を決めている。)
情報構造とも呼ばれます。

プロシージャ

プロシージャは、データのやりとりの手順の決まり事です。
(データのやりとりを始めるとき、終わるとき、エラーのときどうするかを決めている。)
通信手順とも呼ばれます。
プロシージャを決めておかないと、いつデータのやりとりが始まって、いつ終わるのかがわかりません。

不倫慰謝料を計算してくれるサイト

不倫慰謝料を計算してくれるサイトがありました。ww

以下、6項目を選択していくだけで慰謝料がはじき出されます。

  1. 不倫の交際期間
  2. 請求される側の年収
  3. 肉体関係の回数
  4. 離婚の有無
  5. 有責配偶者の浮気相手への虚偽について
  6. 夫婦関係について

有責配偶者とは、自ら離婚原因を作って婚姻関係を破綻させた者のこと。

こちらからどうぞ。
不倫慰謝料の計算

ちょっと試してみました。
年収が100万円未満の人と、年収が2000万円以上の人の請求される金額を比べると5倍もの差が・・・
年収が多い人の方が請求される金額が大きいんですね~

有責配偶者の浮気相手への虚偽についての項目では、
「交際後、既婚と知りすぐに別れた」場合、慰謝料は0円になります。

夫婦関係についての項目では、「問題ない」場合と、別居5年以上では別居5年以上の方が10倍多く慰謝料が発生するようです。

どこまで信用できるものなのかは定かではありませんが、参考になるかもしれませんよ。
ちなみに、私は不倫したことがありません。
できないだけ??そうかもしれませんww

働く『労働条件の明示』

労働基準法では、「使用者(会社側)が労働者を雇うときには、労働条件を明示しなければならない。」と定められています。
働き始める前には、労働条件を確認しあう機会を設けられます。
賃金・労働時間などについては文書での交付が必要とされています。

求人広告の内容を鵜呑みにせず、あとで聞いていなかった条件がないように充分確認しましょう。
求人雑誌にでている求人は、文字数制限などがあるので、書かれていない条件もあるかもしれません。
トラブルを避ける意味でも、ボイスレコーダーなどを活用するのも良いかもしれません。
あとで、言った言わないの水かけ論を避けることもできますしね。

ホーム > アーカイブ > 2010年7月20日のアーカイブ

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2010 年 7月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る