ホーム > アーカイブ > 2010年7月28日のアーカイブ

2010年7月28日のアーカイブ

Amazon電子書籍 新刊が売れると赤字?

Amazonは、紙の本と電子書籍(キンドル版)では同じ内容の本であっても値段が違う。
たとえば、30ドルの新刊書籍を仕入れるときは、電子書籍でも紙の本でも半額の15ドル程度で仕入れる。
(紙の本でも電子書籍でも多くは仕入れ価格は、ほぼ変わらない。)
当然、紙の本は30ドルで販売される。
が、電子書籍は、新刊を9.99ドルで販売している。
15ドルで仕入れて9.99ドルで販売するので、5.01ドルの赤字が生じてしまう。
30ドルの新刊書籍の例なので、本の価格が安くなれば、赤字幅は小さくなるが、多くの新刊ハードカバーは20ドル以上で販売が開始されるため、新刊が売れれば売れるほど赤字が大きくなることになる。

しかし、アメリカでは日本と違い「再販制度」がないので、本の価格は時間の経過とともに安くなる。
電子書籍も安くなっていく本の価格と連動する。
そこで、値下がりした本を出版社から10ドル以下で仕入れることでAmazonの利益が生まれる。

新刊の方で、赤字がでてもほかの安く仕入れた本で埋め合わせをし赤字がでなくなるように運営されている。

日本の「再販制度」は、電子書籍の普及を妨げている存在になっている。

北朝鮮「借金は朝鮮人参でいいでしょ!」

北朝鮮はチェコからの借金を現物支給で返済したいと申し出たようです。
しかも、「朝鮮人参」で!
北朝鮮がチェコに返済すべき負債の5%に該当する50万ドル(約6億ウォン)を高麗人参で償還する考え。
チェコが昨年、中国などから輸入した朝鮮人参は1.4トン。
もし現物返済されるなら朝鮮人参400トンにもなるという。
消費できませんね!
結局、朝鮮人参でもらっても輸出してどこかに売るしかないですもね・・・

なので、チェコは現物返済なら「亜鉛など国際市場で販売できるもの」がいいと言っているそうです。
現物返済はアリなんですね!
返済してもらえないよりはいいけど・・・

ただ、北朝鮮は朝鮮人参のサンプルを持たせた人間を派遣して、朝鮮人参でゴリ押ししていく姿勢。

ちなみに、負債は旧チェコスロバキア共産政権時代に北朝鮮が輸入した輸送機械、電車・車などの代金を支払えず生じたもの。
全部で約9億円程度の負債がある。

チェコはたまりませんね・・・

ホーム > アーカイブ > 2010年7月28日のアーカイブ

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2010 年 7月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る