ホーム > アーカイブ > 2010年9月25日のアーカイブ

2010年9月25日のアーカイブ

ニコチン依存度チェック!5つ以上当てはまればニコチン中毒

ニコチン依存度チェック!

5つ以上当てはまればニコチン中毒です。

  1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
  2. 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
  3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
  4. 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
    ・イライラ ・眠気 ・神経質
    ・胃のむかつき ・落ち着かない ・脈が遅い
    ・集中しにくい ・手のふるえ ・ゆううつ
    ・食欲または体重増加 ・頭痛
  5. 上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
  6. 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
  7. タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
  8. タバコのために自分に精神的問題(注)が起きていると分かっていても、吸うことがありましたか。
  9. 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
  10. タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

5つ以上当てはまると、保険適用で禁煙外来に通えるようです。
病院でも、これと同じものを記入します。
保険適用で禁煙外来に通うには、他に「1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数」が200以上超えるという条件を満たす必要があります。

禁煙外来初日。チャンピックスもらう。

ようやく、禁煙の決心がつき、先日病院の予約をして、禁煙外来というものに行ってきました。

「禁煙するために病院って!そこまでかよ!!」
とか思ってましたが。

禁煙の本読んでも、禁煙できず。。。
電子タバコで禁煙にチャレンジしてもできず。。。
私の場合、病院にいかないと、禁煙できそうもないことようやく気付きました。

病院では、問診表を書いて、お医者さんに禁煙をしようと思ったきっかけを聞かれ。
呼気一酸化炭素濃度検査(機械に息を吹きかけるだけ)をして終了。
最後に薬をもらい、1時間程度で終了。
12週で5回診察があります。

私がいった病院では、お医者さんにニコチンパッチか、飲み薬で舘ひろしと同じ薬にするか聞かれました。
舘ひろしさんと同じ薬をもらうことに。
チャンピックス」って薬です。
ニコチンパッチより、チャンピックスの方が禁煙成功率が高いようです。

このチャンピックス、12週間服用し続けるのですが、最初の7日間はタバコ吸ってていいんです。
ちょい緩い感じなんです。

こんな薬です。↓↓
禁煙 薬 チャンピックス錠

チャンピックスを服用していくうちに、タバコがおいしくなくなっていくそうです。

ちなみに、
呼気一酸化炭素濃度検査の結果は
30PPM
でした。

タバコを吸わない人は3~5PPM。
さらに、大気汚染の上限値は10PPMだそうです。
大気汚染の地域に住むより、ひどいことになっていました。

2週間後に、2回目の診察へ行ってきます。
そして、そのときには、タバコを吸えなくなって1週間。
2回目の診察でも、呼気一酸化炭素濃度検査をするそうです。
タバコ吸ってたらばれちゃいますね。

ホーム > アーカイブ > 2010年9月25日のアーカイブ

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2010 年 9月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る