ホーム > アーカイブ > 2010年10月15日のアーカイブ

2010年10月15日のアーカイブ

北海道に野生の馬?

北海道函館で、山に馬が放されているそうです。
畑を荒らしたり、墓地に糞をしたりなどの被害があるようです。
人間に危害を与えることはないそうです。

この馬たちは、一見「野生の馬??」と勘違いするくらい自由に活動しているそうですが、畜産農家が放し飼いにしている北海道和種馬「ドサンコ」という馬です。
ドサンコは、北海道の開拓に大きく貢献してくれた馬です。

馬 北海道和種(ドサンコ)
(馬なんでも百科様より)

どうして放し飼いにしているのか?
というと、北海道を開拓時の飼い方が今にも引き継がれているのだそうです。

かつて、ドサンコは山に放し飼いにしていることが普通でした。
ドサンコに仕事をしてもらうときに、山から連れてきていたそうです。
ドサンコは、日本在来種で小さいけど頑強で力持ちの馬です。
主に、農耕や荷物の運搬の仕事をしていました。

現代社会では、馬に仕事をしてもらうことは多くありません。

車や重機が普及するまではギブアンドテイクで共存できていた人間と馬。
今は人間の勝手でかつての働いてくれた馬たちが邪魔者扱いされています。
そして、ドサンコは保護されていますが、頭数は激減しています。

現在、函館市が放し飼いしている、馬を回収するように畜産農家に指導しています。
畜産農家も函館市に従い馬の回収作業をしています。

雪が降る前に、放し飼いにされている馬をすべて回収するそうです。

放し飼いにされているドサンコ以外にも、
「ドサンコで乗馬体験」や「トレッキング」できる牧場があります。
新千歳空港の近くでも、ドサンコの乗馬体験ができますよ。

北海道旅行のついでにいかかでしょう?↓↓

ちなみに、ばんえい競馬の馬は、ドサンコではありません。

ホーム > アーカイブ > 2010年10月15日のアーカイブ

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2010 年 10月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る