ホーム > アーカイブ > 2010年11月13日のアーカイブ

2010年11月13日のアーカイブ

喫煙と肺年齢

成人の肺活量は、健康体でも年齢とともに低下していきます。

一歳ごとに、
男性は約28ml。
女性は約22ml低下する傾向がある。

この数値を利用し、肺年齢を計算できる。

スパイロメトリーという専用装置を使用し、
一秒間に息をはいた量などを計測する。
吐いた息の量と身長と合わせて肺年齢を計算する。

<予測肺活量の計算>
男性:(27.63-0.122×年齢)×身長(cm)
女性:(21.78-0.101×年齢)×身長(cm)

<1秒率の計算>
最初の1秒間で排出された肺活量÷努力性肺活量×100

この肺年齢は、喫煙歴がなければ実年齢とほぼ変わらない。
しかし、喫煙歴や喫煙量が多いければ、肺年齢は実年齢よりも高くなる。
ヘビースモーカーになると、肺年齢は実年齢よりも10歳以上も高くなっていることも多いという。

肺年齢はそのままか?と言えば、そうではなく、
禁煙すれば、徐々に肺が回復していき、肺年齢も徐々に実年齢に近づく傾向にあるという。

肺年齢が気になる方は、ぜひ確認を!

病院で肺年齢を調べるなら、健康保険適用で1000円程度でできたハズ。

ホーム > アーカイブ > 2010年11月13日のアーカイブ

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2010 年 11月 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る