ホーム > アーカイブ > 2011年2月17日のアーカイブ

2011年2月17日のアーカイブ

光回線でトラブル!クーリングオフできない。

光回線の勧誘トラブルが増えています。
光回線は、高速のインターネット回線です。
家にNTTとかKDDIなどから「光」の勧誘電話がかかってきたことありませんか?

トラブルは、サービスを理解できない高齢者への勧誘、よくわからない(説明不十分なまま)契約、しつこい、強引な勧誘などがあります。
国民生活センターへの苦情相談件数は2009年度3632件だったのに対し、2010年度は4月~11月で既に3578件となっています。
前年同期比で1.6倍。

電気通信事業者は、特定商取引法の対象外となっているため、クーリングオフの対象ではないのです。
そのため、「家族が強引な勧誘にあって光回線の契約してしまったため、すぐに契約解除を申し出たところ違約金を請求された。」という人もいるそうです。

また、特定商取引法では、訪問販売、電話勧誘販売において、消費者が契約を締結しない意思を示した場合、引き続き勧誘を行うことはもちろん、再度訪問または電話をかけて勧誘を行うことも禁止されています。
しかし、電気通信事業者は特定商取引法が適用されないため、違法じゃないから何度でも訪問しても、電話勧誘もし放題。

なぜ、クーリングオフや再勧誘が禁止されていないかというと、
電気通信事業法で電気通信事業者は既に規制を受けており、二重規制となってしまうことを避けるため。

こんなことが・・・

 昨年夏、埼玉県久喜市の男性会社員(42)宅に、光通信サービスの代理店を名乗る男性営業員が訪ねてきた。「いまだにADSLを使っているなんて。絶対に損はないから乗り換えて」。留守番をしていた母親(73)に契約を持ちかけた。「いりません」と言って帰らせても、週に3、4回来ては1、2時間も勧誘を続けたという。根負けした母親が息子名義で契約。男性は代理店に苦情を言い、契約解除したが、代理店契約を結んでいた通信会社にも苦情を言うと、「どこが問題なのかと、取り合わなかった」という。

(asahi.com)

こういう話を読むと、○○詐欺とかとあんまり変わらないような。。。
この一例だけでなく、トラブルが増えていることを考えると、電気通信事業法に、クーリングオフや再勧誘の禁止を組み込むことも考えた方が良さそうですね。
私は、一応インターネットありきの仕事をしているのでイメージ下がらないようにして欲しい。。。

NTTやKDDIは勧誘トラブルを避けるよう代理店に通達しているが、代理店の下の代理店もいるため、全て把握できていないそうです。
何かトラブルにあって、代理店と話しても突破口が開けなかったりしたら、大元の会社に相談してみましょう。
光回線の勧誘トラブルが増えているため、個別に対応するようにしているとのことですよ。

ホーム > アーカイブ > 2011年2月17日のアーカイブ

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2011 年 2月 »
M T W T F S S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る