ホーム > アーカイブ > 2012年9月のアーカイブ

2012年9月のアーカイブ

【動画】ドアノブが勝手に激しく回される現象

ポルターガイストなのか、霊的なものなのか、何もないところでドアノブがガチャガチャ激しく回されている。
撮影者が怖すぎて荒い息づかいになっちゃってる。

ポルターガイスト?

Ghost Caught on Cam?

ロシアで世界の3000年分のダイヤモンド鉱脈を発表

ポピガイクレーターのダイヤモンド

ロシアの東シベリアに位置する3500万年前に隕石が衝突したとされる地層「ポピガイクレーター」で、現在の国際備蓄量の10倍以上もあるとされるダイヤモンド鉱脈の存在が発表された。
ロシア政府によると1970年代に既にこの鉱脈は発見されていたが、ダイヤモンドの価格暴落などを懸念し国家機密にしてきていたという。

ポピガイクレーター

鉱脈の名前はPopigai Astroblem。
鉱脈には何兆カラットものダイヤモンドが眠っていて、世界市場の3000年分。
しかも、このダイヤモンドは「インパクト・ダイヤモンド」とも呼ばれ、隕石などの物体が現有のダイヤモンド鉱脈に追突したことによって通常よりも2倍の硬度があるそうで、価格装置や工業利用として理想的。

2007年には生産量が増大し、輸出量は13億5000万ドルに及び、98%をベルギーやイスラエル、東アジアやアメリカなどに向けて販売してきた。
しかし、09年には生産量が激減し、3億5000万ドルとなっていた。

【動画】火災旋風 オーストラリアの映画監督が偶然撮影

2012年9月11日 オーストラリア マウント・コナー 火災旋風
動画は削除されていました。
(12/11/28確認)

火災旋風とは、地震や空襲などによる都市部での広範囲の火災や、山火事などによって、炎をともなう旋風が発生し、さらに大きな被害をもたらす現象である。鉄の沸点をも超える超々高温の炎の竜巻も指す。
(wikipedia)
2012年9月11日にオーストラリアのマウント・コナーで起きた火災旋風。
この動画は、オーストラリアの映画監督が偶然居合わせて撮影したもの。
30mにもなる火柱が2分ほど発生したのち消えたそうです。
竜巻は30分ほど続いたとのこと。

以前にも火災旋風の動画をアップしましたが、こちらの方がはっきりと映っています。

【動画】音の波で液体浮遊実験

アメリカエネルギー省のアルゴンヌ国立研究所の実験

アメリカエネルギー省のアルゴンヌ国立研究所の実験

音の波を使って、何もない空間に液体を浮遊させている。
音波は上下両側から到達し、双方が完全に打ち消しあうことによって、定常波と呼ばれるものが発生し、これによって少量の物質を空間に保持できるようになる。

もともとこの機械は、NASAが開発したもので、宇宙が物体に与える影響を調べるための、微小重力状態のシミュレーション用として作られた。

【動画】巨人アート

彫刻家ロン・ミュエクさんの作品。
ファイバーグラスやシリコンなどで、しわやシミ、体毛まで表現した巨大な人間。

人間をリアルに再現していて、
映像をみている限り、本物の人間のように見えて自分の遠近感がおかしくなっているのではないかと、変な感覚におちいりませんか?

1 2 3 4

ホーム > アーカイブ > 2012年9月のアーカイブ

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2012 年 9月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る