ホーム > アーカイブ > 2014年6月のアーカイブ

2014年6月のアーカイブ

日本で冤罪 補償金はどのくらい?アメリカ冤罪 和解金40億。

こんなニュースが!↓↓

アメリカ NY 冤罪で40億円の賠償金

1989年にニューヨーク市で起こったレイプ事件を巡り、刑に服した後に無罪となった元少年5人に対し、市側が約4千万ドル(約40億円)を支払って和解が成立する見通しとなった。ニューヨーク・タイムズなどが伝えた。

 この事件では、セントラルパークでジョギング中だった白人女性をレイプして重傷を負わせたとして、当時14~16歳だった黒人とヒスパニック系の少年5人が逮捕された。逮捕後に自供した少年たちは公判では無罪を主張したが、有罪判決を受けて約7~13年間、刑に服した。

 ところが、全員が釈放された後の2002年、他のレイプ事件で逮捕された男が犯行を認めた。DNA鑑定でも裏付けられたことで、検察側が5人について起訴を取り下げ、無罪が確定。「偏見に基づく捜査による冤罪(えんざい)事件」と位置づけられるようになった。元少年たちは03年に損害賠償を求めて提訴した。

 和解成立には、裁判所の承認などが必要だが、平均すると禁錮1年ごとに約百万ドル(約1億円)の支払いになるという。(朝日新聞)

このニュースを見てふと、日本の冤罪の補償金っていくらなのかな?
と思って調べてみた。

日本では、冤罪の補償金は抑留・拘禁 1日当たり1,000円以上12,500円以下。
冤罪だったのに、死刑執行されてしまったら、3,000万円以内で補償金をもらえるそうです。
(本人の死亡で財産上の損失が生じた場合は、「損失額+3,000万円」以内の額)
冤罪で捕まって、死刑執行されて3000万円って・・・

そして、この金額は税金からです。

日本では命が安すぎる気もします。

免田事件では、刑事補償法に基づき、死刑確定判決から31年7か月の拘禁日数12,559日に対して免田さんに9,071万2,800円の補償金が支払われた。
松山事件で再審無罪となった斉藤幸夫さんは、獄中生活28年余り、死刑囚生活23年半で7500万円余りの補償金が支払われた。
ただ、この補償金は、冤罪を勝ち取るためにお願いした弁護士さんなどへの費用に充てられて半分以上なくなるという話。

PewDiePieはYouTubeで年4億円稼ぐ!!

スウェーデン人の24歳 フェリックス・チェルベリさんはYoutubeにて、ゲームをプレイしている様子をアップして、広告収入はなんと、年間4億円(240万ポンド)!!!

ゲームをしながら、歌って、しゃべって、飛んで、跳ねて、まわっている動画をアップして、PewDiePieのチャンネル登録者数2700万人超え。
1日2回動画をアップしている。

pewdiepie

2012年12月までは広告契約を結んでいなくて、現在、広告はMaker Studios社が管理しており、チェルベリ氏の収入の一部を受け取っている(なお、Maker社は2014年3月に、Walt Disney社の傘下に入っている)。(WIRED)

毎日2回も動画を更新するなんて、それだけでもスゴイ!!

ホーム > アーカイブ > 2014年6月のアーカイブ

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2014 年 6月 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る