ホーム > アーカイブ > 2014年9月のアーカイブ

2014年9月のアーカイブ

歩行器は危険!?カナダなど海外では禁止されている!

赤ちゃん

赤ちゃん用の歩行器。
意外に危険なもののようです。

外国では販売禁止だったりする赤ちゃん用歩行器

カナダでは2004年から販売も所持も認められていない。
販売、所持をしていた場合、禁固6ヶ月または10万ドルの罰金。
かなり重い罪になりますね。

ここまで、厳しいのには赤ちゃんの死亡事故や頭部を負傷して病院へ行くことが多いからだそうです。

カナダ以外にも、2013年12月にブラジルで国内販売を暫定的に禁止しています。

リオ・グランデ・ド・スル州裁判所は、ブラジル国内での乳児用歩行器の販売を暫定的に禁止することを決定した。
ブラジル小児科学会(SBP)は以前から、乳児用歩行器が死に至る事故を誘発する危険性があるとして警告を発していた。同学会によると、歩行器の事故によって今年少なくとも乳児8人が死亡しており、生後8~15カ月の乳児850人が病院へ運ばれたという。

乳児用歩行器の危険性 暫定的に国内販売禁止へ 13/12/10

たまひよnetには、アメリカでも販売禁止されているとの記述もありました。

日本では普通に売っていますし、危険性についてもあまり告知されていません。
我が家も昨年普通に購入して使っていました。
幸い事故や怪我などはありませんでしたが、危険性について知っていれば購入しなかったかもしれません。
こういう情報を不意に知ってしまうと、
大切な子どもの命を知らず知らずのうちに危険にさらしていたのかと思うと、自分の無知に嫌気がさします。
日本が遅れているとは思いませんが、販売してるメーカーには思い切って
「海外では販売禁止されている場所もある。」など告知してくれればいいのにな~と思うんですがいかがでしょうね。

シェールガス掘削で砂の需要増大!2014年 アメリカで4300万トンも砂を使うのだとか

2014年8月6日のモーニングビジネスサテライトにて

最近、砂の価格が高騰し砂をとるための採掘場が次々とできているという。
水などと混ぜた砂で岩を砕きたまっている石油などを取りだす原油採掘方法によって採掘に使用する砂が前年比30%多い430万トンもの砂が使われるとみている。
砂を扱う企業の株価も軒並み上昇していて、去年上場したエマージ・エネルギー・サービスでは上場以来株価が7倍以上になった。

ということ。
アメリカ全体で430万トンって意外に少ないな~
って思って調べていたら、
2011年のブルームバーグの記事では

米シェール層掘削:破砕用の砂が高騰-石油会社、自社採掘でコスト減
(2011年7月29日 更新記事 一部抜粋)
石英砂(珪砂)の価格が高騰する中、EOGなどの石油会社はウィスコンシン州などで自社採掘を開始したと、ブルームバーグビジネスウィーク誌8月1日号(2011年)は報じている。
水圧破砕の普及で石英砂の需要が急増している。ペンシルベニア州のマーセラス・シェールにある平均的なガス井で約500万ポンド(約2270トン)の砂が利用される。
これは、フットボール場1つを1フィート(約30.5センチメートル)の深さまで覆うのに十分な量だ。
プロッパントと呼ばれるこの砂の売上高は2009年から10年の間に81%急増し、今年は30%増加すると石油アナリストらは予想する。

水圧破砕サービス提供で世界最大手の米ハリバートンによると、水圧破砕の利用は2000年以降10倍に拡大した。グローバル・ハンター・セキュリティーズ(ヒューストン)のアナリスト、ブライアン・ウルマー氏によれば、この業界で利用された砂の量は昨年(2010)最大590億ポンドで、今年(2011年)は750億ポンドに達するとみられる。

1ポンド = 453.59237 グラムなので、750億ポンドって約3400万トン。
あれ、2011年でこれだけ使われてるってことは、モーニングサテライトの1ケタ間違いかな?
と思って、もう少し検索してみたら
リムエネルギーニュースというサイトで以下の記事がありました。

米国エネルギー事情=「シェールの風が吹けば、砂屋が儲かる」
2014年8月14日付
米国におけるシェール開発が進むなか、砂(サンド)産業界の高笑いが止まらない。フラクチャリング(水圧破砕工法)で、砂は水と化学品を混合する際に使用され、シェール開発事業に欠かせないものだ。事業が活発となるにつれ、砂需要の増加にともない、砂生産・加工企業の株価は右肩上がり。米国では「シェールの風が吹けば、砂屋が儲かる」の様相を呈している。
RBCキャピタル・マーケッツの予測によると、2014年における砂の使用量は約950億ポンド(4,300万トン)で、前年比で30%上昇する見込みだ。この数字は想定の5割増しになっている。一般的に、1つのガス井で約500万ポンド(2,270トン)の砂が使用されるという。

やっぱり1ケタ間違っていたようです。
新聞ではよくこういう間違いありますが、テレビでもこういう間違い結構あるんですね~。
これが言いたかったことなのですが、砂の需要どこまで続くの?って気になったのでもう少し検索してみました。

2014年は4300万トン。
今後も需要は伸びていく予想だそうで、

【今日のチャート】「砂は金」-米シェール層開発で需要拡大
2014年8月29日付 一部抜粋
モルガン・スタンレーのアナリスト、オル・スロラー氏(ニューヨーク在勤)はリポートで、水圧破砕用の砂の需要は2016年に昨年の水準を96%上回るとの見通しを示した。

昨年の水準というのは約730億ポンドだと思いますので、2016年には約1,432億ポンドもの砂が使用される予想だそうです。
2011年のブルームバーグの記事もそうですが、予想は多めにでてきてしまうようなので、もっと少ないのでしょうが需要は力強いのですね。

しかし、2014年だけで4300万トンもの砂を使うってすごいですね。
1つの井戸で使う2270トンで、フットボール場1つを1フィート(約30.5センチメートル)の深さまで覆うのに十分な量というのですから、どれだけの山や丘を削っているんでしょう。
こういう自然破壊のツケがまわってくるのはそんな遠くないような。。。
「日本にシェールガスを輸入できるから燃料代安くなる!」
って喜んでばかりいられない気がします。

ホーム > アーカイブ > 2014年9月のアーカイブ

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2014 年 9月 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る