ホーム > アーカイブ > 2015年1月のアーカイブ

2015年1月のアーカイブ

中国のぼったくりがスゴイ!

お茶1杯「96万円」 上海で日本人ぼったくり被害急増
中国・上海の飲食店やカラオケ店などで、日本人のぼったくり被害が急増している。在上海日本総領事館が把握しているだけで、2014年は5年前の4倍以上の約180件にのぼった。その場でカード会社に連絡させて限度額を引き上げるなど手口も悪質になっている。
昨年の被害総額は7千万円を超え、1件あたり約40万円にのぼる。被害者のうち約8割が出張者と旅行者。女性の被害は確認されていない。加害側には、日本に留学経験がある中国人のほか、日本人が加わるケースもあった。
ある出張者は日本語を話す中国人とみられる女から「安いマッサージ店がある」と声をかけられ、タクシーで一緒に移動。個室に通され、ウーロン茶を1杯飲んだところ複数の男が現れて約5万元(約96万円)を請求された。拒否したところ羽交い締めや首を絞められるなどし、身の危険を感じてやむなくクレジットカードで支払ったという。
朝日新聞デジタル(2015年1月13日)

額が違いすぎるけど、ハワイでも、鳥と写真撮っただけで20ドルとか40ドルとかあった。
ナショナル ジオグラフィック チャンネルの「ペテン観光都市」って番組みると、ぼったくりコワ!ってなったりするし。
それでも、やっぱり中国のぼったくりは額がスゴイ!
どこの国でも、旅行者からぼったくるってことはあるのでしょうけど、お茶で96万円はちょっと・・・

銀行にて奥さんの口座からお金が引き出せない?

我が家は奥さんの名義の通帳が貯金口座になっています。
貯金口座のひとつの北海道銀行での出来事。

住宅ローンの前倒し返済のため、何年もかけて貯めたお金を引き出す時が来た!
というわけで、北海道銀行へ!(ついでなのですが・・・)

しかし、いきなり失敗!
ATMでは1日100万円までしか引き出せない限度額を忘れて、いったんATMで100万円引き出してしまった。
100万円以上必要だったので、追加でお金を引き出すため、窓口に通帳と印鑑を持って、どの用紙に記入するのか聞くと・・・
「身分証明書はお持ちですか?」
と聞かれた。

その時は、持っていなかったので、
「持っていません。お金引き出せませんか?」
「少々お待ちください。」
と上司と何やら相談し、身分証明書がないとお金を引き出せないを告げられる。

「奥さんと本人の身分証明書を持って再度来てください。」

お金を引き出すのに、身分証明書がいるんだっけ?

と思いつつも、長くATMでしかお金の出し入れをしていなかったこともあり、確信も持てず、そういうものなのか・・・と、その場をあとに。
(子供の病院帰りということもあって、時間かけている場合でもなかった。)

後日、仕事の合間で、時間をつくり北海道銀行の他の支店に、通帳と印鑑と2人分の身分証明書を持って、お金を引き出しに行くと、
「通帳と印鑑のみで結構です。」
と・・・だよね~。
お金引き出すのに、身分証明書をいちいち提出するなんて聞いたことないもんな~。。。

ってことは、盗っ人に見えてたのね!!
人相が悪かったのかな?
(良いとは思わないけども!!!)

まぁ、盗まれた通帳と印鑑でお金引き出しに来たかもしれないと思えば、犯罪を防ぐ意味で身分証明書見せてってことになるんでしょうから、間違った対応ではないのかもしれません。

でも、やっぱり気持ちいいもんじゃないですよね~
そして、2回も銀行いくことになって、めちゃくちゃメンドクサカッタヨ。交通費も無駄にかかったヨ。昼ごはん食べる時間を失ったヨ。

もう盗っ人に見られるのも嫌だし、嫌なことは2回目だし。
(以前、クレジットカードを作ってほしいって北海道銀行に勤めてる知り合いに頼まれて作ったら、一年後にクレジットカードを一方的に解約されたことがあった。
使ってなかったからいいんだけどね。しっかり年会費は落とされてたけどさww)

これから貯金は北海道銀行以外にするって決めたもんね!
(っていうかもう貯金ないんだけどね笑)

この対応が犯罪は未然に防ぐってのは、わかるんですが・・・
いざ自分がそういう目で見られてみると、とっても残念な気持ちになるもんでした。

ホーム > アーカイブ > 2015年1月のアーカイブ

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2015 年 1月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る