ホーム > PC・IT | WEB | ネットワーク > TCP/IPプロトコル「ネットワークインターフェイス層」

TCP/IPプロトコル「ネットワークインターフェイス層」このエントリをはてなブックマークに登録

TCP/IPのネットワークインターフェイス層の役割について。

OSI参照モデルでの、第1層「物理層」、第2層「データリンク層」にあたります。

ケーブルや端子の形状、信号の形式など物理的な決まり事を定めています。
さらに、機器間のデータのやり取りに関する決まり事も定めています。

なので、TCP/IPのネットワークインターフェイス層をデータリンク層と物理層に分けて考えることもあります。

ネットワークインターフェイス層の代表的なプロトコル

「イーサネット(Ethenet)」
「PPP」
などがあります。

「イーサネット(Ethernet)」は、イメージ的にケーブルなどの物理的な決まり事のように思えるかもしれませんが、データを処理する役割もあります。
データを処理する役割を「イーサネットプロトコル」と呼ぶこともあります。

「PPP」は、PCなどの機器が1対1で接続されている回線でデータのやり取りをするためのプロトコルです。
電話回線を使ってインターネット接続を行うときに使われました。
現在は、イーサネットが家庭にも普及しているため、使われなくなりました。

しかしパスワード認証機能があるので、会員の認証するときに使われます。
イーサネットとセットで使うPPPoE(PPP over Ethernet)というプロトコルが開発されました。
PPPoEを使えば、イーサネットを利用したネットワークでユーザー認証を行うことができます。
ADSLやFTTHで使われています。

TCP/IPの4つのレイヤ

ads:

デル株式会社

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://neta.smart-ness.net/pc/1422.html/trackback
トラックバックの送信元リスト
TCP/IPプロトコル「ネットワークインターフェイス層」 - ネタ喰い より

ホーム > PC・IT | WEB | ネットワーク > TCP/IPプロトコル「ネットワークインターフェイス層」

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2019 年 6月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る