ホーム > サクッとネタ | メモ > 飛行機はなぜ空を飛べるのか?

飛行機はなぜ空を飛べるのか?このエントリをはてなブックマークに登録

飛行機は「揚力」という力の働きによって空を飛んでいる。
実は、プロペラやロケットで飛ぶわけではなく、翼に風を受けることで飛んでいる。

飛行機の翼の形がポイントとなってくる。
翼は情面の緩やかなカーブと下面の平らなラインで構成されている。
翼の上はカーブしている分だけ下より長い。

飛行機が前に進みだすと、正面からうける影の流れは、翼の前方で上と下で別れ後方で合流する。
風の流れに変化が起きる。
翼の上の方でカーブした分、下より長いので流れる風は「より長い距離」を「早いスピード」で流れなくてはいけないことになる。
これによって翼の上の圧力が低くなるので、翼が空気に持ち上げられることになり飛行機が飛ぶ

この力の働きを「揚力」という。

ads:

デル株式会社

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://neta.smart-ness.net/saku_neta/1550.html/trackback
トラックバックの送信元リスト
飛行機はなぜ空を飛べるのか? - ネタ喰い より

ホーム > サクッとネタ | メモ > 飛行機はなぜ空を飛べるのか?

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2019 年 4月 »
M T W T F S S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る