ホーム > サクッとネタ > 力士・親方の給料

力士・親方の給料このエントリをはてなブックマークに登録

力士や親方の給料はとても良い。

まずは

力士の給料・収入

十両以上は、相撲協会から給料がでます。

横綱 282万円
大関 234万7000円
三役 169万3000円
幕内 130万9000円
十両 103万6000円
(すべて月給)

更にボーナスも年間に月額給与2ヶ月分が支給されます。
他に、
人気がでれば増える懸賞金(1本当たり6万円。このうち力士には3万円、相撲協会5千円、税金積立2万5千円)
通称タニマチとよばれる後援会からの祝儀など
また、各種手当も充実しています。

出張手当は、3月場所、7月場所、11月場所の年3回、各場所ごとに次の通りの1日分支給金額を35日分支給されます。
横綱:宿泊費8,000円、日当3,000円
大関:宿泊費7,500円、日当2,000円
三役:宿泊費6,500円、日当1,600円
平幕:宿泊費5,700円、日当1,400円
十両:宿泊費5,300円、日当1,200円

力士補助金は、1月場所、5月場所、9月場所の年3回、髪結の補助金として支給される。
横綱から十両まで:一律25,000円

幕下以下の力士には、場所手当として給付金がでます。
幕下 15万円
三段目 10万円
序二段 8万円
序ノ口 7万円
このほかに、勝ち越し奨励金、勝ち星奨励金が支給されます。
年間約40万円~約90万円ほど。

この給料だけみると幕下以下は、生活が大変そうですが
食事や家賃の心配は無く、先輩力士からの小遣いも貰える。
生活に困ることはないのだそうです。

わざわざ、外国人力士が日本まできて相撲するのもわかる気がします。

親方(年寄)の給料・収入

相撲協会から78万4000円(平年寄)~140万5000円(理事)の給料
他に、手当が支給される。
年収にすると
1223万6000円(平年寄)~2093万円(理事)

さらに、師匠をしている親方(部屋持ちの親方)には、幕下以下の力士1人につき、毎月7万円の養成費
力士1人当たり毎場所 11万5千円の相撲部屋維持費
稽古場経費・関取を育てあげた養成奨励金などが支給される。

新弟子を募集するときに
力士になれば「金と女」には不自由しない
という殺し文句があるそうな。
この殺し文句で釣れれば、親方の収入アップに貢献か。。。
そういえば、時津風部屋の力士暴行死事件のとき、元時津風親方が収入に執着して力士を逃がさなかったとか噂がありましたね。

ads:

デル株式会社

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:1

この記事のトラックバック URL
http://neta.smart-ness.net/saku_neta/2790.html/trackback
トラックバックの送信元リスト
力士・親方の給料 - ネタ喰い より
pingback - 相撲協会 巡業・春場所中止で大損害! | ネタ喰い より 2011年2月7日

[...] 古い [...]

ホーム > サクッとネタ > 力士・親方の給料

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2014 年 10月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る