ホーム > サクッとネタ | データ・数値・推移 | 環境 > ロシアで世界の3000年分のダイヤモンド鉱脈を発表

ロシアで世界の3000年分のダイヤモンド鉱脈を発表このエントリをはてなブックマークに登録

ポピガイクレーターのダイヤモンド

ロシアの東シベリアに位置する3500万年前に隕石が衝突したとされる地層「ポピガイクレーター」で、現在の国際備蓄量の10倍以上もあるとされるダイヤモンド鉱脈の存在が発表された。
ロシア政府によると1970年代に既にこの鉱脈は発見されていたが、ダイヤモンドの価格暴落などを懸念し国家機密にしてきていたという。

ポピガイクレーター

鉱脈の名前はPopigai Astroblem。
鉱脈には何兆カラットものダイヤモンドが眠っていて、世界市場の3000年分。
しかも、このダイヤモンドは「インパクト・ダイヤモンド」とも呼ばれ、隕石などの物体が現有のダイヤモンド鉱脈に追突したことによって通常よりも2倍の硬度があるそうで、価格装置や工業利用として理想的。

2007年には生産量が増大し、輸出量は13億5000万ドルに及び、98%をベルギーやイスラエル、東アジアやアメリカなどに向けて販売してきた。
しかし、09年には生産量が激減し、3億5000万ドルとなっていた。

ads:

デル株式会社

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://neta.smart-ness.net/saku_neta/5138.html/trackback
トラックバックの送信元リスト
ロシアで世界の3000年分のダイヤモンド鉱脈を発表 - ネタ喰い より

ホーム > サクッとネタ | データ・数値・推移 | 環境 > ロシアで世界の3000年分のダイヤモンド鉱脈を発表

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2017 年 9月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る