ホーム > サクッとネタ | 身を守る知識 > アメリカの畜牛に異変!?

アメリカの畜牛に異変!?このエントリをはてなブックマークに登録

2013年2月1日からアメリカ産牛肉の輸入規制緩和したばかりの日本。
アメリカ産牛肉に新たな問題が!?

牛肉


アメリカでは、精肉加工工場に運ばれてくる牛に歩き方がおかしかったり、舌をだらんと垂らしているなどの異常な個体が増えている。
原因は、体重を増やすために投与される成長促進剤「ジルマックス」が影響している可能性があるとのこと。

「ジルマックス」は、FDA(アメリカ食品医薬品局)が認可を受けた薬でホルモン剤とは別物。
(「β刺激薬」とも言われるようです。)
この成長促進剤を牛に投与すると10~15キロ体重が増える効果があるという。

発売元の大手製薬メーカーメルクによると、
アメリカの食肉用の牛の約70%がこの成長促進剤が使われており、FDAの承認を受けてから2500万以上の畜牛にジルマックスが投与された。

大手食肉加工タイソン・フーズは、ジルマックスが投与された畜牛の買い取りを停止すると発表した。
それを受け、メルクはジルマックスの販売を一時停止している。

米畜牛の身体的異常、成長促進剤が原因か | WSJ参考)


恐ろしいニュースですね。
日本に入ってきているアメリカ産牛肉は大丈夫なんでしょうかね・・・
気になります。

 β刺激薬はもともと人間のぜんそくを緩和するための薬として開発されたものだが、最近では解体を数週間後に控えた畜牛の餌に混ぜ、脂肪ではなく引き締まった筋肉の成長を刺激することで体重増加を促すために用いられている。ジルマックス、別名ジルパテロールはホルモンではないが、動物の最終的な体重を約2%、24-33ポンド(約10-15キロ)増やすことができる。ライバル製品のラクトパミンをベースとした「オプタフレックス」は最大20ポンドの増量が可能。

ads:

デル株式会社

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://neta.smart-ness.net/saku_neta/5783.html/trackback
トラックバックの送信元リスト
アメリカの畜牛に異変!? - ネタ喰い より

ホーム > サクッとネタ | 身を守る知識 > アメリカの畜牛に異変!?

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2017 年 9月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る