ホーム > タグ > 経済

経済

国民年金の免除申請却下されても諦めたらダメだった。

事情があり、家族に国民年金の全額免除申請を行った経験より投稿しています。

2017年、国民年金を払うのが厳しい母が、全額免除申請を行ったところ、却下通知がきました。
なので、息子の私がそのお金をなんとかやりくりして支払っていたのですが、、、
母に0570-550-987から電話がかかってきて、(アイヴィジット/国民年金保険料収納事業者という年金事業に関する業務を行っている会社だそうです)電話をかけなおしたところ、支払い催促の電話でした。
しかし、電話している時点では、支払い済みだったため、その旨を伝えると
「年金免除の申請はもうしなくても大丈夫ですか?」
と聞かれました。なので
「もう一度して、免除申請が通るのですか?」
と聞くと
「通る可能性はあります。離職票は添付されましたか?」
とのこと。
母に聞くと、添付しておらず、、、
国民年金の免除申請書類を再度送って頂くことにしました。

電話でよくよく話をきいてみると、国民年金の免除申請の書類に全額免除にチェックが入っていたので、全額免除に該当するかどうかしか審査していない状態だそうで・・・
半額免除や一部免除の可能性もあるのだとか・・・
免除申請の種類にはチェックを入れると、その部分でしか審査しないんですって・・・

そんな事情を知らないので、全額免除してほしかったので、全額にチェック入れて申請していました・・・

3か月分はすでに支払っているのですが、もし、今後免除申請が通ったとしても、その分は免除されることはなく、これから支払うものに適用されるのだそうです。
損しているわけではないのですが、損した気分。

国民年金というかこういう国や県、市町村の書類ってわかりにくいですよ。
どういう風に書いたら、どう審査されるなんて仕組みはわかりませんし、なんだかモヤモヤが残るやりとりでした。

なかなかこんなことは起こらないとは思いますが、もし、同じような事情をお持ちの方がいれば少しは役立つかもと思ったので、ひさびさに投稿してみました。

シェールガス掘削で砂の需要増大!2014年 アメリカで4300万トンも砂を使うのだとか

2014年8月6日のモーニングビジネスサテライトにて

最近、砂の価格が高騰し砂をとるための採掘場が次々とできているという。
水などと混ぜた砂で岩を砕きたまっている石油などを取りだす原油採掘方法によって採掘に使用する砂が前年比30%多い430万トンもの砂が使われるとみている。
砂を扱う企業の株価も軒並み上昇していて、去年上場したエマージ・エネルギー・サービスでは上場以来株価が7倍以上になった。

ということ。
アメリカ全体で430万トンって意外に少ないな~
って思って調べていたら、
2011年のブルームバーグの記事では

米シェール層掘削:破砕用の砂が高騰-石油会社、自社採掘でコスト減
(2011年7月29日 更新記事 一部抜粋)
石英砂(珪砂)の価格が高騰する中、EOGなどの石油会社はウィスコンシン州などで自社採掘を開始したと、ブルームバーグビジネスウィーク誌8月1日号(2011年)は報じている。
水圧破砕の普及で石英砂の需要が急増している。ペンシルベニア州のマーセラス・シェールにある平均的なガス井で約500万ポンド(約2270トン)の砂が利用される。
これは、フットボール場1つを1フィート(約30.5センチメートル)の深さまで覆うのに十分な量だ。
プロッパントと呼ばれるこの砂の売上高は2009年から10年の間に81%急増し、今年は30%増加すると石油アナリストらは予想する。

水圧破砕サービス提供で世界最大手の米ハリバートンによると、水圧破砕の利用は2000年以降10倍に拡大した。グローバル・ハンター・セキュリティーズ(ヒューストン)のアナリスト、ブライアン・ウルマー氏によれば、この業界で利用された砂の量は昨年(2010)最大590億ポンドで、今年(2011年)は750億ポンドに達するとみられる。

1ポンド = 453.59237 グラムなので、750億ポンドって約3400万トン。
あれ、2011年でこれだけ使われてるってことは、モーニングサテライトの1ケタ間違いかな?
と思って、もう少し検索してみたら
リムエネルギーニュースというサイトで以下の記事がありました。

米国エネルギー事情=「シェールの風が吹けば、砂屋が儲かる」
2014年8月14日付
米国におけるシェール開発が進むなか、砂(サンド)産業界の高笑いが止まらない。フラクチャリング(水圧破砕工法)で、砂は水と化学品を混合する際に使用され、シェール開発事業に欠かせないものだ。事業が活発となるにつれ、砂需要の増加にともない、砂生産・加工企業の株価は右肩上がり。米国では「シェールの風が吹けば、砂屋が儲かる」の様相を呈している。
RBCキャピタル・マーケッツの予測によると、2014年における砂の使用量は約950億ポンド(4,300万トン)で、前年比で30%上昇する見込みだ。この数字は想定の5割増しになっている。一般的に、1つのガス井で約500万ポンド(2,270トン)の砂が使用されるという。

やっぱり1ケタ間違っていたようです。
新聞ではよくこういう間違いありますが、テレビでもこういう間違い結構あるんですね~。
これが言いたかったことなのですが、砂の需要どこまで続くの?って気になったのでもう少し検索してみました。

2014年は4300万トン。
今後も需要は伸びていく予想だそうで、

【今日のチャート】「砂は金」-米シェール層開発で需要拡大
2014年8月29日付 一部抜粋
モルガン・スタンレーのアナリスト、オル・スロラー氏(ニューヨーク在勤)はリポートで、水圧破砕用の砂の需要は2016年に昨年の水準を96%上回るとの見通しを示した。

昨年の水準というのは約730億ポンドだと思いますので、2016年には約1,432億ポンドもの砂が使用される予想だそうです。
2011年のブルームバーグの記事もそうですが、予想は多めにでてきてしまうようなので、もっと少ないのでしょうが需要は力強いのですね。

しかし、2014年だけで4300万トンもの砂を使うってすごいですね。
1つの井戸で使う2270トンで、フットボール場1つを1フィート(約30.5センチメートル)の深さまで覆うのに十分な量というのですから、どれだけの山や丘を削っているんでしょう。
こういう自然破壊のツケがまわってくるのはそんな遠くないような。。。
「日本にシェールガスを輸入できるから燃料代安くなる!」
って喜んでばかりいられない気がします。

コンビニ商品カテゴリ別の粗利益率

「コンビニ商品カテゴリ別の粗利益率」というのをWBSでやっていたので、メモです。

  • カウンターフード:50%以上
  • 米飯・麺:約30%
  • 加工食品:約35%
  • 生鮮食品:約20%

だそうです。

そういえば、以前、ローソンの社長がカウンター販売のコーヒーは粗利益率が50%以上だとインタビューで明かしていました。
(これもWBSだったかな?)

保険の営業職員の必死さと保険の利益率

最近、保険の営業職員にしつこく勧誘されているので、保険の落とし穴的な話を読みたくて「コワーイ保険の話」という本を読んでみた。

この本で、エピソードが掲載されていた。

生命保険が満期になった方の話。
保険職員が生命保険が満期になったこと知らせに来て、
「その満期金の500万円を預からせてほしい。」
と言う。
預かるとはどんなものかという説明は『貯金のようなもの』だという。
それなら良いか。ということで契約してしまった。
ところが、預かるというのは、個人年金保険の契約のことで、満期になった500万円を5年間預けて、その後10年間年金を受け取るという保険契約になっていた。

解約を申し出ると、解約返戻金として戻ってきたのは480万円。
もともと500万円は貯金するつもりだったお金。
それが、20万円も減ってしまった。

契約内容くらいは確認しようよ。
と思いますが、、、
やっぱり、「長い付き合い」や「信用している」ということでしょうか。
保険の内容って難しいですしね。

それに、保険の営業職員は必死ですからね。
上手にその気にさせてきますもんね。

支払った保険料から、どれだけ利益とってんだろう!?
ってくらい必死ですもんね。
ちょっと保険の利益率を調べてみたところ
以下のブログでは、保険の利益率は

掛け捨ての医療保険や掛け捨ての死亡定期保険などは、皆さんが支払っている毎月の保険料のおよそ8割は保険会社の利益になっている。
貯蓄性の保険商品に至っては、毎月の保険料のおよそ5割は、保険会社の利益になっている。

契約者が支払っている保険料およそ5割は、保険会社の利益
とのこと。
保険って利益率めちゃくちゃいいんですよ。
そりゃ~保険の営業さんは必死になりますよね!?

ちなみに、私が今勧誘されている保険も掛け捨て・・・
保険料は安いけど、利益率高いから毎日電話してきたりするんですね。

「毎月の保険料を安く抑えているプランを持ってきました。
他の保険屋さんに頼んだら、倍以上高いプランを持ってきますよ!」
と堂々と言ってましたが。。。
利益率高い保険を勧めているだけでしたか・・・
モノは言いようです。

ちょっと付き合いあるからって、
「見積もりつくりましょうか?」
って言葉に気軽に同意しちゃいけませんね。
説明も保険に加入してもお金でないケースを話して、良い話が多いし。
一回話し出したら2時間以上も居座るし。
と愚痴ったいましたが、
それでも、保険は最低限なら必要なものだとも思いますが、釈然としないものがありますね。

保険っていう商品は、相互扶助でとても良いのだと思うんです。
でも、保険を売って生活をしている人たちを介すと、相互扶助とは違う何かになっているように感じます。

コワーイ保険の話には、保険に入っていても給付を受けられないケースも結構掲載されていました。
保険に悩んでいる方、読んでみると面白いかもしれません。

YouTubeって稼げるのって聞かれたから

YouTubeって稼げるの?
って最近立て続けに聞かれたので、ちょっと調べてみた。
少し前にWBSでもユーチューバーを特集していました。

  • YouTubeによると、10億人以上のユニークユーザーがアクセスしていて、毎月60億時間以上の動画視聴されている。
    (これは、1年前の50%増だそうです。)
  • アップされる動画は1分あたり約100時間。
    ただ、多くは数回程度、再生されるだけにとどまってしまうのだそう。

動画をアップすれば、広告収入が入ることも!
動画を再生すると流れるCMや表示されるバナー。
動画のアップ主は、この広告から収益を得ることができる。
それを目当てに個人で動画をyouTubeにアップして、広告収入を得る人も増えているんだとか。
世界では1000万円以上稼いだのは数千組(組織含む)いる。
ただ、生計を立てられる人となると、日本では数十人程度だそう。

YouTubeで稼ぐのはなかなか大変そうですね!
小遣い稼ぎ程度でもできればいいな~なんて思うんですが、ネタ探しから動画撮影、編集などもろもろ考えると・・・
これは趣味も兼ねていないと難しいですね。

1 2 3 4 5 6 29

ホーム > タグ > 経済

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2018 年 7月 »
M T W T F S S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る