ホーム > タグ > 環境

環境

シェールガス掘削で砂の需要増大!2014年 アメリカで4300万トンも砂を使うのだとか

2014年8月6日のモーニングビジネスサテライトにて

最近、砂の価格が高騰し砂をとるための採掘場が次々とできているという。
水などと混ぜた砂で岩を砕きたまっている石油などを取りだす原油採掘方法によって採掘に使用する砂が前年比30%多い430万トンもの砂が使われるとみている。
砂を扱う企業の株価も軒並み上昇していて、去年上場したエマージ・エネルギー・サービスでは上場以来株価が7倍以上になった。

ということ。
アメリカ全体で430万トンって意外に少ないな~
って思って調べていたら、
2011年のブルームバーグの記事では

米シェール層掘削:破砕用の砂が高騰-石油会社、自社採掘でコスト減
(2011年7月29日 更新記事 一部抜粋)
石英砂(珪砂)の価格が高騰する中、EOGなどの石油会社はウィスコンシン州などで自社採掘を開始したと、ブルームバーグビジネスウィーク誌8月1日号(2011年)は報じている。
水圧破砕の普及で石英砂の需要が急増している。ペンシルベニア州のマーセラス・シェールにある平均的なガス井で約500万ポンド(約2270トン)の砂が利用される。
これは、フットボール場1つを1フィート(約30.5センチメートル)の深さまで覆うのに十分な量だ。
プロッパントと呼ばれるこの砂の売上高は2009年から10年の間に81%急増し、今年は30%増加すると石油アナリストらは予想する。

水圧破砕サービス提供で世界最大手の米ハリバートンによると、水圧破砕の利用は2000年以降10倍に拡大した。グローバル・ハンター・セキュリティーズ(ヒューストン)のアナリスト、ブライアン・ウルマー氏によれば、この業界で利用された砂の量は昨年(2010)最大590億ポンドで、今年(2011年)は750億ポンドに達するとみられる。

1ポンド = 453.59237 グラムなので、750億ポンドって約3400万トン。
あれ、2011年でこれだけ使われてるってことは、モーニングサテライトの1ケタ間違いかな?
と思って、もう少し検索してみたら
リムエネルギーニュースというサイトで以下の記事がありました。

米国エネルギー事情=「シェールの風が吹けば、砂屋が儲かる」
2014年8月14日付
米国におけるシェール開発が進むなか、砂(サンド)産業界の高笑いが止まらない。フラクチャリング(水圧破砕工法)で、砂は水と化学品を混合する際に使用され、シェール開発事業に欠かせないものだ。事業が活発となるにつれ、砂需要の増加にともない、砂生産・加工企業の株価は右肩上がり。米国では「シェールの風が吹けば、砂屋が儲かる」の様相を呈している。
RBCキャピタル・マーケッツの予測によると、2014年における砂の使用量は約950億ポンド(4,300万トン)で、前年比で30%上昇する見込みだ。この数字は想定の5割増しになっている。一般的に、1つのガス井で約500万ポンド(2,270トン)の砂が使用されるという。

やっぱり1ケタ間違っていたようです。
新聞ではよくこういう間違いありますが、テレビでもこういう間違い結構あるんですね~。
これが言いたかったことなのですが、砂の需要どこまで続くの?って気になったのでもう少し検索してみました。

2014年は4300万トン。
今後も需要は伸びていく予想だそうで、

【今日のチャート】「砂は金」-米シェール層開発で需要拡大
2014年8月29日付 一部抜粋
モルガン・スタンレーのアナリスト、オル・スロラー氏(ニューヨーク在勤)はリポートで、水圧破砕用の砂の需要は2016年に昨年の水準を96%上回るとの見通しを示した。

昨年の水準というのは約730億ポンドだと思いますので、2016年には約1,432億ポンドもの砂が使用される予想だそうです。
2011年のブルームバーグの記事もそうですが、予想は多めにでてきてしまうようなので、もっと少ないのでしょうが需要は力強いのですね。

しかし、2014年だけで4300万トンもの砂を使うってすごいですね。
1つの井戸で使う2270トンで、フットボール場1つを1フィート(約30.5センチメートル)の深さまで覆うのに十分な量というのですから、どれだけの山や丘を削っているんでしょう。
こういう自然破壊のツケがまわってくるのはそんな遠くないような。。。
「日本にシェールガスを輸入できるから燃料代安くなる!」
って喜んでばかりいられない気がします。

海底資源をめぐって韓国と中国が日本の海域を狙ってゴネる!

サウジアラビアの10倍の天然ガスと石油があるとされる海域で、韓国と中国がまたゴネて、自分の海域だとか言い出しているようです。

韓国は、将来の海底資源開発をにらんで、沖縄の近海まで延びる広い海域で自国の大陸棚が認められるべきだとして、年内に国連に正式に申請することにしており、日中韓3か国の間で新たな摩擦に発展することは避けられない見通しです。

韓国は、自国の大陸棚が、沖縄の近海を境界とする東シナ海のおよそ1万9000平方キロメートルの海域まで延びている
とする見解を持っており、2009年、国連海洋法条約に基づいて、これを認めるよう、国連の大陸棚限界委員会に予備申請しました。
これについて、韓国外交通商省の当局者は22日、年内に正式に申請する方針を明らかにしました。韓国が主張する海域は、日韓両国が1974年に署名した協定に基づく大陸棚共同開発区域と重なっており、
日本は「韓国が200海里を超えて大陸棚を延ばすことはできない」とする立場を示しています。
一方、中国もこの海域まで自国の大陸棚が延びていると主張しています。
この海域には、豊富な石油や天然ガスが埋蔵されているとみられることから、韓国の動きは将来の開発を想定したものと受け止められており、実際に正式に申請した場合、日中韓3か国の間で新たな摩擦に発展することは避けられない見通しです。

2012-10-23 NHKニュース

韓国が主張する海域

もうめちゃくちゃです。
完全に日本の海域でしょ~
大陸棚が伸びてるとか言い出したらね・・・
あまり日本でこのニュース流れてないみたいだけど、大丈夫なのかな??

もし中国なんかがこの場所の開発したら、海の色変わりそう・・・

【動画】追跡復興予算19兆円がわかりやすい!

ようやく見直されることになった復興予算。

捕鯨団体のために23億円はよくニュースでやっていますが、
被災地に2日間行くだけで、外国人の旅行費(青少年交流)72億4700万円が復興予算から使われている。
ってあまりやっていないような印象。
(たまたま観ていないだけかな??)

いろいろとわかりやすい動画があったので、興味のある方どうぞ!

動画は削除されていました。
(12/11/28確認)

う~ん、やりたい放題すぎる。
これで増税しようっていうんですから、笑っちゃいますね。
平成25年分の所得税から、「復興特別所得税」 として、所得税額の2.1%分が上乗せですよ。
しかも、25年間も・・・
これが官僚の仕事の仕方だとしたら、もっと公務員減らせるんじゃないかな?
その分で復興目指した方がいいと思うんですけどね~

ロシアで世界の3000年分のダイヤモンド鉱脈を発表

ポピガイクレーターのダイヤモンド

ロシアの東シベリアに位置する3500万年前に隕石が衝突したとされる地層「ポピガイクレーター」で、現在の国際備蓄量の10倍以上もあるとされるダイヤモンド鉱脈の存在が発表された。
ロシア政府によると1970年代に既にこの鉱脈は発見されていたが、ダイヤモンドの価格暴落などを懸念し国家機密にしてきていたという。

ポピガイクレーター

鉱脈の名前はPopigai Astroblem。
鉱脈には何兆カラットものダイヤモンドが眠っていて、世界市場の3000年分。
しかも、このダイヤモンドは「インパクト・ダイヤモンド」とも呼ばれ、隕石などの物体が現有のダイヤモンド鉱脈に追突したことによって通常よりも2倍の硬度があるそうで、価格装置や工業利用として理想的。

2007年には生産量が増大し、輸出量は13億5000万ドルに及び、98%をベルギーやイスラエル、東アジアやアメリカなどに向けて販売してきた。
しかし、09年には生産量が激減し、3億5000万ドルとなっていた。

【動画】火災旋風 オーストラリアの映画監督が偶然撮影

2012年9月11日 オーストラリア マウント・コナー 火災旋風
動画は削除されていました。
(12/11/28確認)

火災旋風とは、地震や空襲などによる都市部での広範囲の火災や、山火事などによって、炎をともなう旋風が発生し、さらに大きな被害をもたらす現象である。鉄の沸点をも超える超々高温の炎の竜巻も指す。
(wikipedia)
2012年9月11日にオーストラリアのマウント・コナーで起きた火災旋風。
この動画は、オーストラリアの映画監督が偶然居合わせて撮影したもの。
30mにもなる火柱が2分ほど発生したのち消えたそうです。
竜巻は30分ほど続いたとのこと。

以前にも火災旋風の動画をアップしましたが、こちらの方がはっきりと映っています。

1 2 3 4 5 6 13

ホーム > タグ > 環境

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2018 年 11月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る