ホーム > タグ > 環境

環境

原発54基中3基稼働。今後の定期検査予定。

2012年1月27日に島根原発2号機が停止しました。
これで、日本の原発54基中3基しか稼働していない状況になりました。
現在稼働している原発3基は、
北海道電力の泊原発3号機(4月下旬に定期検査)、東京電力の柏崎刈羽原発6号機(3月末までに定期検査)、関西電力の高浜原発3号機(2月20日までに定期検査)です。
中国電力の島根原発は3号機(137万kw)を新たにつくり、2012年3月から運転する予定でしたが、運転のめどは立っていません。

原発全54基(出力合計4896万キロワット)
運転中3基(出力合計313万8000キロワット)

日本の原子力発電所稼働状況(2012年1月27日時点)

電力会社 発電所 号機 出力 運転状況

北海道電力 泊  1号 57.9  停止中 再開未定
         2号 57.9  停止中 再開未定
         3号  91.2  運転中 4月下旬に定検

東北電力 女川  1号  52.4  停止中 地震後に停止
         2号 82.5  停止中 地震前から停止
         3号 82.5  停止中 地震後に停止
     東通  1号 110.0  停止中 地震前から停止

東京電力 福島第一 1号  46.0  停止中  メルトダウン
         2号   78.4  停止中 メルトダウン
         3号  78.4  停止中 メルトダウン
         4号  78.4  停止中 原子炉建屋が破損
         5号  78.4  停止中 地震前から停止
         6号  110.0  停止中 地震前から停止
     福島第二 1号  110.0  停止中 地震後に停止
          2号  110.0  停止中 地震後に停止
         3号  110.0  停止中 地震後に停止
         4号  110.0  停止中 地震後に停止
    柏崎刈羽  1号  110.0  停止中  定検で停止・再開未定
          2号 110.0  停止中  07年の地震後に停止
          3号 110.0  停止中  07年の地震後に停止
          4号 110.0  停止中  07年の地震後に停止
          5号 110.0  停止中  定検で停止・再開未定
         6号 135.6  運転中 3月末までに定検
          7号 135.6  停止中 定検で停止・再開未定

中部電力 浜岡  3号 110.0  停止中 地震・津波対策強化で停止
         4号 113.7  停止中 地震・津波対策強化で停止
         5号 138.0  停止中 地震・津波対策強化で停止

北陸電力 志賀  1号  54.0  停止中 不具合で停止・再開未定
         2号 120.6  停止中 定検で停止・再開未定

関西電力 美浜  1号  34.0  停止中 定検で停止・再開未定
         2号  50.0  停止中 不具合で停止・再開未定
         3号  82.6  停止中 定検で停止・再開未定
     高浜  1号  82.6  停止中 定検で停止・再開未定
         2号  82.6  停止中 定検で停止・再開未定
         3号  87.0  運転中 2月20日までに定検
         4号  87.0  停止中 定検で停止・再開未定
      大飯  1号 117.5  停止中 冷却装置の不具合で停止
         2号 117.5  停止中 定検で停止・再開未定
         3号 118.0  停止中 定検で停止・再開未定
         4号 118.0  停止中 定検で停止・再開未定

中国電力 島根  1号  46.0  停止中 定検で停止・再開未定
         2号  82.0  停止中 定検で停止・再開未定

四国電力 伊方  1号  56.6  停止中 定検で停止・再開未定
         2号  56.6  停止中 定検で停止・再開未定
         3号  89.0  停止中 定検で停止・再開未定

九州電力 玄海  1号  55.9  停止中 定検で停止・再開未定
         2号  55.9  停止中 定検で停止・再開延期
         3号 118.0  停止中 定検で停止・再開延期
         4号 118.0  停止中 定検で停止・再開未定
      川内 1号  89.0  停止中 定検で停止・再開未定
         2号  89.0  停止中 定検で停止・再開未定

日本原電 敦賀   1号  35.7   停止中 定検で停止・再開未定
         2号 116.0   停止中 燃料漏れで昨年5月停止

   東海第二    110.0   停止中 地震で破損

*出力=万キロワット

東京電力の対応や多額の追加融資を受けるのに、冬のボーナスもらっちゃうところとかね。
北海道電力もプルサーマル計画を巡るやらせ問題では、高橋知事の減給5%(1ヶ月のみ)村井元課長は厳重注意だけで問題の幕引きをしちゃいました。
電力会社は信用できないし気に入らない。
原発止めても、電力不足にならない地域もあるような気がするけど。
発電と送電の分離と電力小売自由化をして欲しい。

カンヌ金賞Volkswagen『The Force』とそのパロディ

『The Force』Volkswagen passat CM

小さなダースベイダーが起こすかわいい力。

このCMは、スーパーボウルのCMで、
カンヌライオンズコクサイクリエイティビティ・フェスティバル金賞を受賞しました。
『The Force』のパロディCMも。

映画『マイティ・ソー』(Thor)TV-CM

こちらは、子供が神の座を奪われ、地球へと追放された破天荒なヒーロー「Thor」になりきっています。
パロディってのはおもしろいけど、最後は直接的すぎて微妙な・・・

パロディをもうひとつ。
こちらのパロディは、Volkswagenを叩く内容になっています。

Volkswagen The Dark Side

VW DARK SIDE http://vwdarkside.com/

VW is threatening our planet by opposing cuts to CO2 emissions.
フォルクスワーゲンはCO2排出削減目標に反対して、私たちの惑星を脅かしています。

と主張したCMになっています。

VW: The Dark Side Episode II

Episode IIでは、和解?したみたい。
仲良く踊っています。

地震が起こる確率はどんな計算方法で算出されてるのか?

地震発生の確率は、断層が地震を繰り返す間隔で決まる。

大雑把に言うと

  • プレート境界型:数十年~数百年の周期
  • 直下型(活断層):数千年~数万年の周期

この活動の感覚で確率が予測されている。

例えば
「この辺りは、1000年に一度の周期で大地震が起きている。
前の地震から500年経ってるから、○○%の確率で地震が起こる。」
という風に計算されている。

次の地震が起こるまで、確率が上がり続ける。

宮城県沖地震の発生確率は、30年以内に99%大地震が起こると予測されていた。
(2011年1月 地震調査研究推進本部)

阪神・淡路大震災(野島断層)は、発生当時、確率は8%とされていた。

東海地震は、プレート境界型。
150年以上地震が起きていないため、今後30年以内の発生確率は87%とされている。
(2011年1月 地震調査研究推進本部)

LEDの明るさルーメン 白熱電球で何W?

北海道は電力を一番使うのは冬。
LED電球の価格が下がってきたし、冬に備えて買おうかと思っています。

しかし、LEDって明るさをlm(ルーメン)であらわしているんですね。
今まで白熱電球は、○○W(ワット)だったので、ちょっとややこしい。
○○Wは○○ml相当っていうのをまとめてみました。

白熱電球とLEDの明るさ比較
白熱電球 20W → LED電球 170lm(ルーメン)
白熱電球 30W → LED電球 325lm(ルーメン)
白熱電球 40W → LED電球 485lm(ルーメン)
白熱電球 60W → LED電球 810lm(ルーメン)

これを覚えておけば、間違って暗いLED電球を買っちゃったりすることはないですね。

パチンコ広告規制 チラシ半減

パチンコの広告規制が2011年8月1日から始まり2ヵ月。
この広告規制は、例外なく全国一斉に行われています。
新聞の折り込みチラシは、ほぼ半減状態にあり、パチンコ店でも、のぼりやポスターの多くが撤去されている。

これまで、
「射幸心を煽ることに度々自主規制すべき。」
という話が何度もあったが、効果はなかった。

今回のパチンコ業界に対する規制は、警察庁が今年6月にパチンコの広告宣伝の規制に対しての運用方針見直しを示し、8月から運用開始になったもの。
ついに、自主規制ではなく、警察庁からの通達となった。
この規制は、「射幸心を煽る広告を一切認めない」もの。

これまで、多かったイベント告知は完全NG。
入賞を容易にした遊技機の設置をうかがわせる表示、設定状況を示すような表示もNG。
交換率表記NG。

警察庁の広告規制対象外の広告宣伝は、
新台入れ替え、芸能人などの有名人の招致告知、店の所在地や設置台など射幸心を煽らない広告のみ。

この規制は、恒久的なものなのか、時限的なものなのかはまだはっきりしていないそう。
これまで煩わしかったチラシの中でも特に多かったパチンコ店のチラシ。
このまま恒久的に、この規制を続けてくれれば、無駄な紙の消費が減ることになる。
また、パチンコ業界、それに寄り添っている広告代理店、印刷業者が淘汰されれば、無駄な電力も消費されずに済む。

広告代理店や印刷業者は、経営が苦しくなるところもあるでしょう。
しかし、今まで、パチンコ業界に頼りきっていたところが淘汰されるのは自然なこと。
経済的には、パチンコ店の客が減っても、パチンコに行かない分だけ、どこかで消費されればプラスになることも多い。

今回のパチンコ広告規制は、良いことの方が多いと感じます。

追記:
パチンコ店にとっても、実は広告費削減になっていいのかもしれませんね。
たとえば、チラシを配る枚数によりますが、制作費、印刷代などを考えると、数十万円なんてすぐにかかります。
その分、スロットの設定をよく入れたりした方が、お客さんとしてはいいですよね。
実は、パチンコ店のチラシって広告代理店や印刷会社の売上貢献にしかなっていなかったのかもしれない。
なんて思っちゃいます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 13

ホーム > タグ > 環境

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2017 年 9月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る