ホーム > タグ > 知識本

知識本

保険の営業職員の必死さと保険の利益率

最近、保険の営業職員にしつこく勧誘されているので、保険の落とし穴的な話を読みたくて「コワーイ保険の話」という本を読んでみた。

この本で、エピソードが掲載されていた。

生命保険が満期になった方の話。
保険職員が生命保険が満期になったこと知らせに来て、
「その満期金の500万円を預からせてほしい。」
と言う。
預かるとはどんなものかという説明は『貯金のようなもの』だという。
それなら良いか。ということで契約してしまった。
ところが、預かるというのは、個人年金保険の契約のことで、満期になった500万円を5年間預けて、その後10年間年金を受け取るという保険契約になっていた。

解約を申し出ると、解約返戻金として戻ってきたのは480万円。
もともと500万円は貯金するつもりだったお金。
それが、20万円も減ってしまった。

契約内容くらいは確認しようよ。
と思いますが、、、
やっぱり、「長い付き合い」や「信用している」ということでしょうか。
保険の内容って難しいですしね。

それに、保険の営業職員は必死ですからね。
上手にその気にさせてきますもんね。

支払った保険料から、どれだけ利益とってんだろう!?
ってくらい必死ですもんね。
ちょっと保険の利益率を調べてみたところ
以下のブログでは、保険の利益率は

掛け捨ての医療保険や掛け捨ての死亡定期保険などは、皆さんが支払っている毎月の保険料のおよそ8割は保険会社の利益になっている。
貯蓄性の保険商品に至っては、毎月の保険料のおよそ5割は、保険会社の利益になっている。

契約者が支払っている保険料およそ5割は、保険会社の利益
とのこと。
保険って利益率めちゃくちゃいいんですよ。
そりゃ~保険の営業さんは必死になりますよね!?

ちなみに、私が今勧誘されている保険も掛け捨て・・・
保険料は安いけど、利益率高いから毎日電話してきたりするんですね。

「毎月の保険料を安く抑えているプランを持ってきました。
他の保険屋さんに頼んだら、倍以上高いプランを持ってきますよ!」
と堂々と言ってましたが。。。
利益率高い保険を勧めているだけでしたか・・・
モノは言いようです。

ちょっと付き合いあるからって、
「見積もりつくりましょうか?」
って言葉に気軽に同意しちゃいけませんね。
説明も保険に加入してもお金でないケースを話して、良い話が多いし。
一回話し出したら2時間以上も居座るし。
と愚痴ったいましたが、
それでも、保険は最低限なら必要なものだとも思いますが、釈然としないものがありますね。

保険っていう商品は、相互扶助でとても良いのだと思うんです。
でも、保険を売って生活をしている人たちを介すと、相互扶助とは違う何かになっているように感じます。

コワーイ保険の話には、保険に入っていても給付を受けられないケースも結構掲載されていました。
保険に悩んでいる方、読んでみると面白いかもしれません。

【動画】数学ミレニアム問題『リーマン予想』

素数の魔力にとらわれた人々
リーマン予想・天才たちの150年の戦い

The Cosmic Code Breakers

(リンク切れだった場合「万物の理論」)

数学の未解決問題「リーマン予想」に挑戦した数学者たちを描いたドキュメンタリー。
有名な数学者たちの精神が病んでしまうほどの難問。

ルイ・ド・ブランジュが4回リーマン予想を証明した。
と論文を発表している。
現在4回目は現在検証中。
これが正しいと認められれば、100万ドルの懸賞金。
これだけの問題で100万ドルは安い??

リーマン予想書籍
別冊数理科学 リーマン予想の数理物理 2011年 11月号 [雑誌]

素数に憑かれた人たち ~リーマン予想への挑戦~

災害を生き残るため、助けるための本

正義の3つの考え方 これからの正義

「正義とは何か?」という問いには、哲学者が出した異なる3つの考え方があります。
これからの「正義」の話をしようの著者の講義で話しです。

  1. 最大多数の最大幸福~「功利主義」(ジェレミー・ベンサム)
    正義とは幸福の最大化であり、最大多数のための最大幸福を追求する。というもの
  2. 人間の尊厳に価値をおくこと。(カント)
    正義は人間の尊厳に価値をおくこと。
    そして、人間の基本的で絶対的な権利と義務を尊重する。
  3. 美徳と共通善を育むこと(アリストテレス)

これからの「正義」の話をしよう マイケル・サンデル
これからの「正義」の話をしよう―いまを生き延びるための哲学

マイケル・サンデルさんは、ハーバード大学の教授です。
1人を殺せば5人が助かる状況があったとしたら、あなたはその1人を見捨てるべきか?
金持ちに高い税金を課し、貧しい人びとに再分配するのは公正なことだろうか?
前の世代が犯した過ちについて、私たちに償いの義務はあるのだろうか?

答えのないことを議論しています。
哲学に興味がない人は、一度読んでみると、これまでの人生と違った考え方が身につくかも。

2011年1月1日(土)2日(日) NHK 午後10時~翌午前3時50分で再放送。
全12話分!

簡単な宇宙の本たち

最近、マンガ「宇宙兄弟」にはまって宇宙に興味を抱き、いろいろ読み漁っています。

宇宙においでよ

宇宙においでよ!

宇宙での暮らしや宇宙飛行士になるまでなど、イラスト盛りだくさんでお話しています。
ちなみに、宇宙で初めてラーメンを食したのは、野口聡一さんらしいですよ。


宇宙飛行士の育て方

宇宙飛行士の育て方

「宇宙飛行士になるには?」「なぜ冬山で訓練するの?」「もし宇宙ステーションで火災が起きたら?」
若田光一さん、野口聡一さん、山崎直子さんら日本人宇宙飛行士をはじめ、選抜・訓練担当者にも徹底取材し、宇宙飛行士の仕事とその能力の秘密に迫る。

という本です。
最近(2010年)出版の本です。
面白そう!


こんなに面白い大宇宙のカラクリ―「すばる」でのぞいた137億年の歴史

こんなに面白い大宇宙のカラクリ―「すばる」でのぞいた137億年の歴史
世界最大の「すばる望遠鏡」が質問に答える!
「宇宙は何歳なの?」「インフレーション膨張ってどんなもの?」「宇宙に果てはあるの?」「銀河や星はどうやって生まれたの?」「冷たいダークマターってなに?」「第二の地球は見つかる?」などなど。
ここまでわかった宇宙の謎の第2弾です。
本のタイトル137億年言ってるけど?ってつっこみは、NGです!笑


宇宙は楽しい。ロマンです。
宇宙のこと考えたら、とりあえず、今の悩みが小さく思える!(昔、なんかのマンガで言ってた。)
目の前のことに、くよくよしないこと!
と結局宇宙と関係ない話。。。

1 2

ホーム > タグ > 知識本

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2018 年 9月 »
M T W T F S S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る