ホーム > タグ > HTML

HTML

サイト移転と301リダイレクト・302リダイレクト

サイト移転や新規ドメインの取得などでサイトURLを変更する場合、検索エンジンに移転通知をする必要があります。
検索エンジンに通知しなければいつまでも以前までのURLを巡回することになってしまいます。
何もせず移転してしまうと、「ページが見つかりません」と表示されてしまい、せっかくサイトを見に来てくれた人を逃してしまいます。

移転通知のことを「リダイレクト」と呼びます。
301リダイレクトと302リダイレクトというものがあり、

  • 301リダイレクトは永続的移転。
  • 302リダイレクトは一時的移転。

という意味を検索エンジンに伝えます。

301リダイレクトは、完全に移転したことを意味し、これまで運営してきたサイトURLで得た評価は新しく移転したサイトURLへ引き継がれます。
302リダイレクトは、何らかの理由で一時的にサイトを移転した場合に使います。こちらも今まで得た評価を維持しておくことができます。

設置方法
テキストエディタ(メモ帳など)で.htaccessという名前のファイルを作ります。

.htaccessの中身は

301リダイレクト(サイト全体を他のドメインへリダイレクトする場合)

Redirect permanent / http://新ドメイン/

302リダイレクト

RedirectTemp / http://○○.com/

※転送元のトップディレクトリに .htaccessファイルをアップロードします。


もし、.htaccessを設置できない環境だとしてもメタタグでもリダイレクトできます。

301リダイレクト

<META HTTP-EQUIV="Refresh" CONTENT="0; URL="http://新ドメイン/">

CONTENTの数値を0とした場合、301リダイレクトとして扱われる。

302リダイレクト

<META HTTP-EQUIV="Refresh" CONTENT="「ここに秒数を記入」; URL="http://○○.com/">

設置方法
<head>~</head>の間に記述します。

<head>
<meta http-equiv="refresh" content="0; url="http://新ドメイン/">
</head>

サイトを検索エンジンに登録する。[Yahooサイトエクスプローラー]

WEBサイトを公開したら、早く検索エンジンからひっかかってほしいですよね。
そのための対策としてyahooサイトエクスプローラーに登録しておきましょう!

yahooサイトエクスプローラーとは

サイトエクスプローラーに自分のサイトを登録することで、更新したことをyahooに通知してクローラー(ページを取得して解析するプログラム)用のボットに巡回してもらうようにすることができるというもの。


登録したからといって、検索順位が上がるというものではないですが、登録しないよりはしておいたほうがいいです。
Yahooへのインデックス状況も確認できたり、自分のサイトを分析する上で、必要だと思います。
ちなみに、このサイトはまだ2つしかインデックスされていません・・・

登録・設定方法

登録・設定は簡単です。

  1. サイトエクスプローラー(サイト管理者向けツール) – Yahoo!検索
    http://siteexplorer.search.yahoo.co.jp/
    にアクセスします。

    Yahoo! JAPANのIDは持っていますか?
    IDを持っていれば、まずログインしましょう!

    yahooサイトエクスプローラー

    yahooサイトエクスプローラー

  2. 「管理サイトに追加」というところに、自分のサイトのURLを入力します。入力したら「管理サイトに追加」ボタンをクリック!!
  3. 「管理サイト一覧」に表示されたら、次に認証をします!
    「管理サイト一覧」の「認証状況」が未認証になっている状態です。
    「未認証」というテキストをクリック!!
  4. 認証方法は2つありますが、簡単な方を説明します。
    「認証用ファイルをダウンロード」というボタンをクリック!!
    よくわからない名前のHTMLファイルをダウンロードしたら、名前はそのままにして、自分のサーバーにアップロードします。
    (ブラウザは閉じずにそのままにしてね。)
    自分のサイトのトップページがある階層と同じところにアップロードします。
  5. アップロードが完了したら、「認証用ファイルをダウンロード」ボタンがあったページを開いて、一番下のボタン「認証開始」をクリック!
    これで認証作業は終わりです。
    24時間以内に認証が完了します。(数時間もあれば認証されています。)

    次は、フィードの設定です。
    ブログの運営をしていれば、AtomやRSSなど配信しているでしょう。
    そのアドレスを入力したら出来上がりです。

  1. 「管理サイト一覧」で今追加したサイトのURLをクリック!!
  2. 右側のメニュー内の「フィード」をクリック!
    yahooサイトエクスプローラー

    フィード登録

  3. 「サイトマップフィード」に自分のサイトのAtomやRSSのURLを入力して送信をクリック!

    これで終了です。

お疲れ様でした!
ほかにも機能はありますが、まずはこれだけ登録しておけばOKでしょう!
あとは、時間をおいていろいろとさぐってみてください。
私のサイトでも、少しづつですが機能面の解説をしていこうと思います。
yahooサイトエクスプローラーのように、googleにもウェブマスターツールというものがあります。
できれば、そちらにも登録しておきましょう!

追記:2010年4月13日
なかなかYahooにインデックスしてもらえなかったら、
検索エンジン(クローラー)への巡回リクエスト
で、リクエストしてみましょう。
ただ、クローラーがきてくれるまで2週間~4週間かかるような上に、インデックスされる保障はないということ。

コンテンツの充実が一番の近道ですね。

機種依存文字を避ける!平方メートルと立方メートル

先ほどのCO2算出の記事を書いていて、立法メートルとか平方メートルの記述に困りました。
調べてみると

記述方法

平方メートル(m²)

→ m&sup2;

立方メートル(m³)

→ m&sup3;

とすれば、機種依存を避けることができます。
ただ、数字が小さくて見づらい!

HTML基礎「titleタグとmetaタグを入れよう。」

最近WEB制作の勉強をしている。という方にお会いする機会が多いです。
サイトを見てください。って言ってくださるので、閲覧させていただいています。
ちょっとしたアルバイトにさせていただいています。
(過去にWEB制作の講師をしていまして、その伝手で仕事をもらっています。)
デザインはいい感じにできているけど、titleタグとmetaタグが入っていないことがあります。
titleタグとmetaタグは必ず指定するようにしましょう。

HTML記述サンプル

<TITLE>ここにタイトルを記入する。</TITLE>
<META name=”description” content=”ここにページの説明文を記入する。”>
<META name=”keywords” content=”キーワード,keyword”>

<HEAD>~</HEAD>の間に指定します。


<TITLE>ここにタイトルを記入する。</TITLE>
「ページのタイトル」です。
タイトルをつけないと、ブラウザの上部のツールバーに表示が「無題ドキュメント」となります。
また、せっかくブックマークに追加してもらっても、「無題ドキュメント」としてなってしまいます。
なんのページだかわからなくなってしまいます。
さらに、検索結果にも反映されます。
とても重要ですね。

<META name=”description” content=”ここにページの説明文を記入する。”>
「ページの説明文」です。
どんなページなのか?説明文を指定します。
検索結果にも反映され、説明文が表示されます。
ページの見た目は何もかわりません。

<META name=”keywords” content=”キーワード,keyword”>
「ページのキーワード」です。
どんなページか?というキーワードを指定します。
複数のキーワードを指定する場合は、カンマ(,)で区切り指定します。
検索結果にも反映されます。
ページの見た目は何もかわりません。

今回ご紹介したタグは、最低限必要なものです。
ページの見た目は変わるものではないですが、必ず入れるようにしましょう。

今回のような基本的なWEB制作のお話を、拙い文章ではございますが、今後取り入れていこうと思います。
(勉強できるサイトがたくさんあるんですけどね・・・私自身の勉強も踏まえてというところで。)
質問を受けたり、気付いた内容を記事にしていきます。

何か間違いやご質問などございましたら、コメントいただけると幸いです。

ホーム > タグ > HTML

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2017 年 3月 »
M T W T F S S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る