ホーム > タグ > 漫画

漫画

宇宙兄弟のきっかけとなった本

モーニングに連載している漫画「宇宙兄弟」は、向井万起男さんの「君についていこう」がきっかけとなって生み出された。
向井万起男さんは、日本人女性初の宇宙飛行士の向井千秋さんの夫。
1998年に出版した本を、宇宙兄弟の作者・小山宙哉さんがカバーを書きおろして再び出版。

BOOKデータベースより
恋女房が宇宙飛行士になった!「自分の夢を叶えることに懸命になっていたら、亭主のことなんか忘れちゃったの」なんて女房に言われても、「オレはへっちゃらさ」と夫はやせ我慢。別居結婚もいとわず、厳しい飛行訓練にがんばる妻を見守り、応援しながらもちょっぴり切ない心の内をポロリ。巻末に書き下ろしエッセイ「私と『宇宙兄弟』その1」を収録。

君について行こう 女房は宇宙をめざす
新装版 君について行こう (上) -女房は宇宙をめざす
(講談社プラスアルファ文庫)

君について行こう 女房と宇宙飛行士たち
新装版 君について行こう (下) -女房と宇宙飛行士たち
(講談社プラスアルファ文庫)

2010年12月には、「続 君について行こう 女房は宇宙を飛んだ」が刊行予定。

漫画「モテキ」がドラマに!!

ドラマ「モテキ」

漫画「モテキ」がドラマになってる!!
知らなかった。
テレビ東京WBSを観たあと、そのままテレビつけっぱなしでいたら入った。

読んだ漫画や小説が原作を映像化した映画・ドラマは、期待ハズレなことが多いけど、ドラマ『モテキ』は面白いかも!
森山未来がいい感じ。
ドラマの構成も面白い!

ぱなしはアリって話です。

ドラマ『モテキ』

間違いないマンガ『宇宙兄弟』

最近の宇宙に関する話題「はやぶさ」が地球に戻ってきたことや、仕分け人にばっさり切られたJAXA広報スペースなど様々。

「宇宙兄弟」は、これから始まるかもしれない宇宙への夢がつまったマンガ!
2人の兄弟の幼少時代、夢だった宇宙飛行士!
弟は達成したが、兄は自動車の設計をしていた。
がしかし、兄は仕事をクビになる。
自動車関係の会社に転職活動をするも、上司のはからい(嫌がらせ)で、どこにも雇ってもらえない。
そんなとき、宇宙飛行士募集が!!
はたして兄弟で月面に立つことができるのか?
みたいな話。

あっ、モーニングにもっとわかりやすいマンガの紹介があった・・・(モーニングで連載中)

宇宙兄弟とは
2025年、NASAの日本人宇宙飛行士・南波ヒビト(主人公・弟)を含む、第1次月面長期滞在クルーのメンバーを発表されるとき、
南波ムッタ(主人公・兄)は自動車設計の仕事をしていたが上司に頭突きをお見舞いしてしまい、会社をクビになってしまう。
まったく別の道を歩んでいた兄弟が幼少時代に交した約束に向かって動き始める。(モーニング引用)

っていう話。

兄の天然ぶりが笑えるけど、ポジティブでストレートな考えに心打たれるときがある!
読んでいると、自然とやる気がでるマンガ!

読んで「今日も頑張ろう!!」と思えるマンガって結構あったりするけど、それには2種類あると思うのです。

・読んでいる時や読んだ直後に一気に気持ちが盛り上がって、時間が経つにつれてトーンダウンしていく種類のやる気

・読んでから徐々に力がみなぎってくる種類のやる気!

宇宙兄弟は、後者だと思うんです。
好みによるかもしれませんが、そういうマンガって少ないと思う。

私も8巻まででてるところを借りて知った『宇宙兄弟』ですが、今では買ってしまってます。
(現在も連載中で、今月10巻発売)

超おすすめのマンガです。

宇宙兄弟

Webマーケッター&Webディレクターをマンガで知る。

Web担当者ForumとASCII.jpで公開されているWebマーケッター&Webディレクターをマンガのご紹介です。
これからWeb制作者として働こうと思っている方や、仕事でWebの知識が必要になった!という方はいろいろと勉強になるかと思います。

Web担当者Forumでは、マンガ「Webマーケッター瞳」(全8話+特別編)
ASCII.jpでは、マンガ「Webディレクター 江口明日香が行く」(全9話+特別編)
が公開されています。
ちなみに、特別編では、「Webマーケッター瞳」と「Webディレクター 江口明日香が行く」がコラボ(?)してます。

マンガなので「そんなにうまくいかんわ!!」っていう突っ込みどころはスルーして、これから勉強するなら、とりあえず読んでみると楽しく学べる教材になるかと思います。
無料ですし、何か本を買う前に、読んでおくとハズレ本を買ってしまうことが避けられるかも。

マンガでわかる心療内科 ゆうメンタルクリニック

普段生活していて、あえて精神科について知ろう!と思い立つ人は少ないと思います。
身内や親しい人が精神疾患になった。(または自分自身)などの事柄がない限り、なかなか接することがない心療内科・精神科の世界。

私自身は、以前仕事のストレスで心療内科に通院したことがあり、「うつ状態」と診断していただいたことがあり、通院し薬飲んでいたことがあります。
それまで、心療内科・精神科について考えることなどありませんでした。
全国で入院or通院している「うつ病」の患者さんは、
1999年 44.1万人
2002年 71.1万人
2005年 92.4万人
2008年 102万人
年々増加しているそうです。
2008年には、ついに「うつ病」患者さんは100万人を超えました。

もしかすると、この記事を読んでくれているあなたの周りでもうつ病に限らず、何らかの精神疾患で悩んでいる方がいるかもしれませんね。
そんなとき、ちょっとした知識が役立つかもしれません。

ってことで、すでに、mixiニュースに取り上げられていたり、いろいろなサイトで紹介されていたりしていますが、あえていまさらご紹介させていただきます。

「マンガでわかる心療内科」というサイト(コンテンツ)が精神疾患や薬などをわかりやすく解説しています。
ゆうメンタルクリニックさんのサイトで精神科を題材にしたギャグ漫画が公開されています。
ナースと診療心理士の2人で、面白く、時に下ネタで精神疾患を解説しています。
「適応障害って何ですか?」「周りの人が『うつ』になったら?」「パニック障害や広場恐怖って何ですか?」ってことから、「EDって何ですか?」「ロリコンは、どこから病気なの?」って感じの話題にしづらい(?)ところなども、解説しています。
今のところ21話まで公開されています。
精神疾患が親しみやすく感じるかもしれません。

少しでも、興味のある方は下記サイトで読んでみてください。
ゆうメンタルクリニック マンガでわかる心療内科

マンガでわかる心療内科は、本になって販売されています。
サイト未掲載のシーンもあるようです。

1 2

ホーム > タグ > 漫画

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2017 年 12月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る