ホーム > タグ > money

money

保険の営業職員の必死さと保険の利益率

最近、保険の営業職員にしつこく勧誘されているので、保険の落とし穴的な話を読みたくて「コワーイ保険の話」という本を読んでみた。

この本で、エピソードが掲載されていた。

生命保険が満期になった方の話。
保険職員が生命保険が満期になったこと知らせに来て、
「その満期金の500万円を預からせてほしい。」
と言う。
預かるとはどんなものかという説明は『貯金のようなもの』だという。
それなら良いか。ということで契約してしまった。
ところが、預かるというのは、個人年金保険の契約のことで、満期になった500万円を5年間預けて、その後10年間年金を受け取るという保険契約になっていた。

解約を申し出ると、解約返戻金として戻ってきたのは480万円。
もともと500万円は貯金するつもりだったお金。
それが、20万円も減ってしまった。

契約内容くらいは確認しようよ。
と思いますが、、、
やっぱり、「長い付き合い」や「信用している」ということでしょうか。
保険の内容って難しいですしね。

それに、保険の営業職員は必死ですからね。
上手にその気にさせてきますもんね。

支払った保険料から、どれだけ利益とってんだろう!?
ってくらい必死ですもんね。
ちょっと保険の利益率を調べてみたところ
以下のブログでは、保険の利益率は

掛け捨ての医療保険や掛け捨ての死亡定期保険などは、皆さんが支払っている毎月の保険料のおよそ8割は保険会社の利益になっている。
貯蓄性の保険商品に至っては、毎月の保険料のおよそ5割は、保険会社の利益になっている。

契約者が支払っている保険料およそ5割は、保険会社の利益
とのこと。
保険って利益率めちゃくちゃいいんですよ。
そりゃ~保険の営業さんは必死になりますよね!?

ちなみに、私が今勧誘されている保険も掛け捨て・・・
保険料は安いけど、利益率高いから毎日電話してきたりするんですね。

「毎月の保険料を安く抑えているプランを持ってきました。
他の保険屋さんに頼んだら、倍以上高いプランを持ってきますよ!」
と堂々と言ってましたが。。。
利益率高い保険を勧めているだけでしたか・・・
モノは言いようです。

ちょっと付き合いあるからって、
「見積もりつくりましょうか?」
って言葉に気軽に同意しちゃいけませんね。
説明も保険に加入してもお金でないケースを話して、良い話が多いし。
一回話し出したら2時間以上も居座るし。
と愚痴ったいましたが、
それでも、保険は最低限なら必要なものだとも思いますが、釈然としないものがありますね。

保険っていう商品は、相互扶助でとても良いのだと思うんです。
でも、保険を売って生活をしている人たちを介すと、相互扶助とは違う何かになっているように感じます。

コワーイ保険の話には、保険に入っていても給付を受けられないケースも結構掲載されていました。
保険に悩んでいる方、読んでみると面白いかもしれません。

国の尖閣諸島購入費20億5000万円。当初5億円程度の価値と見積もっていたのに・・・

尖閣諸島 南小島、北小島、魚釣島

尖閣諸島の魚釣島、北小島、南小島の3島を国が20億5千万円で買い取ることで合意した。
政府は、当初3島の実質的な価値を5億円程度と見積もっていた。
しかし、東京都が14億円以上の寄付金を集めたことから尖閣諸島の国有化を急ぐため、20億5000万円で購入を決めたという。

近いうちに地権者と正式な契約書を交わし、9月中に閣議で尖閣諸島購入について費用を拠出する考え。


5億円程度の価値だとしていたものに、東京都が寄付金を14億円以上集めたから。
という理由で、税金を20億5000万円も使っちゃう政府ってどうなんでしょうね。
尖閣諸島購入のために寄付した人は、こんな税金の無駄遣いのために寄付したわけではないのに・・・

国会の空転で無駄になっている税金は、1日1億円とか2億円とか言われている。
ここから捻出するとか、
政党交付金(320億1433万円)もらわないでそこから捻出すればいいのに・・・
とか思っちゃいますけどね~

電気自動車の価格はどうなっていく!?

電気自動車の価格の半分は電池代と良く聞きます。

今回の震災では、蓄電池が注目を集めています。
普及が進めば高価なリチウムイオン電池が安くなります。

蓄電池の価格は将来的には、5年で1/5、10年で1/10の価格になるとみている見方もあります。

こうなると、蓄電池の性能向上と価格低下で電気自動車の価格も安くなり、普及が進みそうですね。

ちなみに、リチウムの埋蔵量は、電気自動車などに需要が急増したとしても可採年数400年以上あると言われています。

海外旅行保険はインターネットで加入すると安い

こんな時期に旅行するのは不謹慎な気もしますが、、、
今年の初めから準備してきた新婚旅行なので、来週からアメリカに行ってきます。

で、うっかりしていた海外旅行保険。
海外旅行の保険は必要か?
という記事を書いてからすぐに保険に加入しようと思っていましたがズルズルと今日に。

一度、今回の旅行を手配してもらった旅行代理店の方に海外旅行保険の見積もりをもらってみたら、結構高いんですね。
8日間で夫婦で保険料は約10,000円。

加入しようと思っていましたが。
ネットで確認してみると、ネットからの保険加入の方が、補償内容はあまり変わらず、安く済むことがわかりました。

で、せっかくちょっと保険のこと調べたし自分でインターネットから加入することにしました。

私は今回『損保ジャパン Off(オフ)』という保険に加入しました。
私が調べた限りでは、評判も悪くない感じでした。
保険料は、夫婦で約5,000円
必要な保険を自分で選ぶこともできますが、パックになっている保険で契約しました。

ほとんどの保険会社は、現地コールセンターは外部委託で対応は変わらないそうなので、今回安さ重視で!
(使っているコールセンターまではわかりませんので。ネットで見る限りではコールセンターは日本語で対応してくれて良い印象の方が多いみたい。)

たぶん何もないと思いますが、万が一のための保険。
病院にかかったり、ホテルで不注意で何か壊したりしたら大変。
最近では、どの保険会社もたいてい提携病院でキャッシュレスサービスというのがあるので、万が一病院にかかってもお金を払うことなく医療を受けられます。
これだけでも安心です。

自分でも少しくらいは調べて行こうと思います。
泊まるホテル付近の病院とか。多少の英語とか。

海外旅行の保険は必要か?

1.海外旅行に保険は必要か?
2.保険に加入するなら、どのくらいの保障があれば安心か?

近々久し振りにアメリカに海外旅行にいくので調べてみた。
(今まで海外旅行では保険に加入したり、しなかったりだったので。)

1.海外旅行保険は必要か?

これは、必要と結論がでました。

事故や盗難、今は表面で出ていない病気が突然表に出てくるなど、不可避な出来事が起こるかもしれない。
医療費が高い国に旅行するなら、特に必要。
(アメリカの医療費は高い!)
保険提携病院なら、キャッシュレスサービスで医療費の自己負担が発生しない。
外務省によるとニューヨークでは初診料だけで150~300ドル、貧血で2日間入院しただけで2万ドルを請求されたケースもあるそう。
旅行する国によっては、クレジットカードについてくる保険でも十分の可能性もある。

2.保障はどのくらい必要か?

旅行代理店の知り合いに聞いたところ、多くの場合、標準的なセットプランで充分のようです。

海外旅行保険の標準的なセットプラン
死亡・後遺障害1000万円、治療費用1000万円、救援者費用1000万円、賠償責任1億円、携行品損害30万円など

クレジットカードの保障がそれなりにあるなら、海外旅行保険に加入するのは、「バラ」で大丈夫とのこと。
「バラ」というのは、保険をフリープランで必要な保障だけを選んでつけること。
そうすれば、保険を安くかけれるしいざというとき、自分で選んだ保険なので、どこにどのくらいの保障がされているか把握しているのでスムーズに対応できる。

今まであまりクレジットカードについている保険のこと、あまり意識していなかった。。。
これからクレジットカードをつくるときは保険などチェックしておくと、イザというときの助けになりますね!
せっかくある保険ですし、イザというときは、使わないのはもったいないですし。

ホーム > タグ > money

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2018 年 11月 »
M T W T F S S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る