ホーム > タグ > ニュース

ニュース

メキシコからマーシャル諸島 1年以上も漂流

2012年12月下旬、サメ漁のためメキシコ沖を出発した男性ホセ・アルバレンゴさん(37歳)。
2013年1月31日、マーシャル諸島の島に流れ着いた。
13ヶ月以上、約1万2000キロも漂流していたことになる。
Man says he ate fish, birds, turtles while drifting 13 months across Pacific Ocean | EDMONTON JOURNAL

メキシコとマーシャル諸島 地図

この距離を、約7メートルのグラスファイバー製の船で乗り切った。

漂流中の飲食

漂流中は素手で捕まえた鳥や魚を食べて飢えをしのぎ、雨水や自分の尿、ウミガメの血を飲んでのどの渇きを癒やした。
乗っていた漁船からは大量の貝殻やウミガメの甲羅が見つかった。
一緒に漁に出た10代後半の少年は1ヶ月ほどで死亡してしまったとのこと。

過去にもメキシコからマーシャル諸島に漂流した漁師

AP通信によると、マーシャル諸島には2006年にも、メキシコからサメ漁に出た3人の漁師を乗せた船が9ヶ月の漂流後にたどり着いたことがある。

人間の生命力って凄すぎる!!

生活保護の不正受給者に対して強制返還はできない!!

生活保護費を不正受給していた人に対して不正分を返還させることはなかなか難しいようです。

大阪府内の4自治体は、生活保護費の不正受給者に対して、支給される生活保護費から強制的に天引きしていた。
(大阪府内の八尾、吹田、交野、寝屋川の4市)
現行制度ではこうした“強制徴収”は認められておらず、監督する府が是正指導に乗り出す事態になった。
west産経より

現行制度では、不正受給者に対しても天引きなどの強制返還はしてはいけないことになっています。
生活保護受給者は、返還できる金額を自主的に納めることになっています。
自治体は、不正受給者の良心にかけるしかないっていう・・・
(不正受給者の良心にかけるっていう、もう、ちょっと、コレどうすればいいかわかんないですね・・・)

不正受給者は返還しなくても、もらった生活保護費は、パチンコや競馬、お酒にタバコに使ってもわかりません。
結果、不正受給できた分、まるまる得したことになっちゃいます。
まさに「不正受給にペナルティーなし」です。

生活保護費は電子マネーにしたらどうなんでしょうね。

でも、今年の7月から生活保護法が改正されて保護費と相殺できる。ってことになりました。
自治体は、不正受給された分を保護費から天引きできるようになります。
少しは無駄が減るのかな?
(生活保護費から天引きっていっても、生活保護費が税金だから・・・なんだかな~・・・
そもそも現行制度がひどすぎただけって話?)

生活保護に頼るしかない人は、なんとか頑張ってほしいと思うのですが、不正受給者に対しては、もっと厳しくペナルティがあっても良いのではないかと思いませんか?

ちなみに、全国の生活保護不正受給額は平成23年度だけで173億円。
返還額は45億円。(実際には45億円に同年度以前の不正受給返還分も含まれているので、回収率は20数%程度か?)

一方で、天引きを行っていた八尾市は、不正受給額が約2700万円(24年度)
返還額は約2500万円。

やっぱり天引きしたら無駄が減りますね。
(天引きする生活保護費も税金ですけどね・・・)

アメリカの畜牛に異変!?

2013年2月1日からアメリカ産牛肉の輸入規制緩和したばかりの日本。
アメリカ産牛肉に新たな問題が!?

牛肉


アメリカでは、精肉加工工場に運ばれてくる牛に歩き方がおかしかったり、舌をだらんと垂らしているなどの異常な個体が増えている。
原因は、体重を増やすために投与される成長促進剤「ジルマックス」が影響している可能性があるとのこと。

「ジルマックス」は、FDA(アメリカ食品医薬品局)が認可を受けた薬でホルモン剤とは別物。
(「β刺激薬」とも言われるようです。)
この成長促進剤を牛に投与すると10~15キロ体重が増える効果があるという。

発売元の大手製薬メーカーメルクによると、
アメリカの食肉用の牛の約70%がこの成長促進剤が使われており、FDAの承認を受けてから2500万以上の畜牛にジルマックスが投与された。

大手食肉加工タイソン・フーズは、ジルマックスが投与された畜牛の買い取りを停止すると発表した。
それを受け、メルクはジルマックスの販売を一時停止している。

米畜牛の身体的異常、成長促進剤が原因か | WSJ参考)


恐ろしいニュースですね。
日本に入ってきているアメリカ産牛肉は大丈夫なんでしょうかね・・・
気になります。

 β刺激薬はもともと人間のぜんそくを緩和するための薬として開発されたものだが、最近では解体を数週間後に控えた畜牛の餌に混ぜ、脂肪ではなく引き締まった筋肉の成長を刺激することで体重増加を促すために用いられている。ジルマックス、別名ジルパテロールはホルモンではないが、動物の最終的な体重を約2%、24-33ポンド(約10-15キロ)増やすことができる。ライバル製品のラクトパミンをベースとした「オプタフレックス」は最大20ポンドの増量が可能。

【動画】ノルウェー首相がタクシードライバーに!

9月9日はノルウェーで総選挙があり、ノルウェーのストルテンベルグ首相がタクシードライバーに扮して有権者の本音を探ろうとします。
首相は、「人々が本音を言える場所があるとすれば、それはタクシーだ」と述べ、政治について国民の正直な意見を聞きたかったと語っています。

ノルウェー首相がタクシー運転手になった理由

でも、乗客には思いっきりばれっちゃってるようですねww
フレンドリーに話したり、できないことはできないってキッパリ言ったり、なんか良さそうな首相の印象。
ちょっぴりノルウェーがうらやましい。
でも、もう少しスマートな運転だったら良かったですねww

鳥インフルエンザ(H7N9型)人から人に感染を確認

中国で、H7N9型の鳥インフルエンザウイルスに感染して死亡した父親と娘について、ウイルスが、父親から娘に直接感染した可能性が高いとする研究結果を、中国の研究チームが発表しました。
研究チームは、ウイルスの感染は、これまでのところ家族間の限定的なものだとしています。
今年春、中国の東部を中心にヒトへの感染が相次いだH7N9型の鳥インフルエンザウイルスは、130人余りの感染者が確認され、このうち43人が死亡し、中には、家族で複数の人が感染した事例も報告されています。
中国・江蘇省の研究者などで作るチームは、6日、イギリスの医学雑誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」で、ことし4月から5月にかけて死亡した60歳の父親と32歳の娘について、感染の経路を調査した結果を発表しました。
この父親は、ウイルスに感染したあと病院に入院し、娘の看病を受けていたということで、研究チームが、2人に対する遺伝子検査を行ったところ、遺伝子の配列の情報からウイルスが、ほぼ一致したということです。
娘は、ふだんの生活で鳥類との接触は無かったということで、研究チームは、ウイルスが父親から娘に直接感染した可能性が高いとしています。
一方で研究チームは、父親の看病をしたほかの家族は感染していないことなどから、このウイルスの感染は、限定的なものだとしています。

NHKニュース

h7n9 中国地図

h7n9 中国地図

AFPBBによると、中国・江蘇省は特に感染者が多いとのこと。

1 2 3 4 5 6 7 8 44

ホーム > タグ > ニュース

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2017 年 9月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る