ホーム > タグ > トリビア

トリビア

保険の営業職員の必死さと保険の利益率

最近、保険の営業職員にしつこく勧誘されているので、保険の落とし穴的な話を読みたくて「コワーイ保険の話」という本を読んでみた。

この本で、エピソードが掲載されていた。

生命保険が満期になった方の話。
保険職員が生命保険が満期になったこと知らせに来て、
「その満期金の500万円を預からせてほしい。」
と言う。
預かるとはどんなものかという説明は『貯金のようなもの』だという。
それなら良いか。ということで契約してしまった。
ところが、預かるというのは、個人年金保険の契約のことで、満期になった500万円を5年間預けて、その後10年間年金を受け取るという保険契約になっていた。

解約を申し出ると、解約返戻金として戻ってきたのは480万円。
もともと500万円は貯金するつもりだったお金。
それが、20万円も減ってしまった。

契約内容くらいは確認しようよ。
と思いますが、、、
やっぱり、「長い付き合い」や「信用している」ということでしょうか。
保険の内容って難しいですしね。

それに、保険の営業職員は必死ですからね。
上手にその気にさせてきますもんね。

支払った保険料から、どれだけ利益とってんだろう!?
ってくらい必死ですもんね。
ちょっと保険の利益率を調べてみたところ
以下のブログでは、保険の利益率は

掛け捨ての医療保険や掛け捨ての死亡定期保険などは、皆さんが支払っている毎月の保険料のおよそ8割は保険会社の利益になっている。
貯蓄性の保険商品に至っては、毎月の保険料のおよそ5割は、保険会社の利益になっている。

契約者が支払っている保険料およそ5割は、保険会社の利益
とのこと。
保険って利益率めちゃくちゃいいんですよ。
そりゃ~保険の営業さんは必死になりますよね!?

ちなみに、私が今勧誘されている保険も掛け捨て・・・
保険料は安いけど、利益率高いから毎日電話してきたりするんですね。

「毎月の保険料を安く抑えているプランを持ってきました。
他の保険屋さんに頼んだら、倍以上高いプランを持ってきますよ!」
と堂々と言ってましたが。。。
利益率高い保険を勧めているだけでしたか・・・
モノは言いようです。

ちょっと付き合いあるからって、
「見積もりつくりましょうか?」
って言葉に気軽に同意しちゃいけませんね。
説明も保険に加入してもお金でないケースを話して、良い話が多いし。
一回話し出したら2時間以上も居座るし。
と愚痴ったいましたが、
それでも、保険は最低限なら必要なものだとも思いますが、釈然としないものがありますね。

保険っていう商品は、相互扶助でとても良いのだと思うんです。
でも、保険を売って生活をしている人たちを介すと、相互扶助とは違う何かになっているように感じます。

コワーイ保険の話には、保険に入っていても給付を受けられないケースも結構掲載されていました。
保険に悩んでいる方、読んでみると面白いかもしれません。

YouTubeって稼げるのって聞かれたから

YouTubeって稼げるの?
って最近立て続けに聞かれたので、ちょっと調べてみた。
少し前にWBSでもユーチューバーを特集していました。

  • YouTubeによると、10億人以上のユニークユーザーがアクセスしていて、毎月60億時間以上の動画視聴されている。
    (これは、1年前の50%増だそうです。)
  • アップされる動画は1分あたり約100時間。
    ただ、多くは数回程度、再生されるだけにとどまってしまうのだそう。

動画をアップすれば、広告収入が入ることも!
動画を再生すると流れるCMや表示されるバナー。
動画のアップ主は、この広告から収益を得ることができる。
それを目当てに個人で動画をyouTubeにアップして、広告収入を得る人も増えているんだとか。
世界では1000万円以上稼いだのは数千組(組織含む)いる。
ただ、生計を立てられる人となると、日本では数十人程度だそう。

YouTubeで稼ぐのはなかなか大変そうですね!
小遣い稼ぎ程度でもできればいいな~なんて思うんですが、ネタ探しから動画撮影、編集などもろもろ考えると・・・
これは趣味も兼ねていないと難しいですね。

進撃の巨人 初版発行部数推移

進撃の巨人 初版発行部数推移
進撃の巨人 初版発行部数の変化
参照元:2014年1月4日放送 夏目の右腕より


夏目と右腕 140104 進撃の巨人 編集者 投稿者 plutoatom1

進撃の巨人1巻で4万部、12巻になると226万部ですもね!
夢のある職業だ!!

スーパーボウル CM料金推移 1967年から100倍の価格上昇

スーパーボウル CM料金(30秒)推移

  • 1967 - $40,000
  • 1968 - $54,000
  • 1969 - $67,500
  • 1970 - $78,200
  • 1971 - $72,000
  • 1972 - $86,000
  • 1973 - $103,500
  • 1974 - $107,000
  • 1975 - $110,000
  • 1976 - $125,000
  • 1977 - $162,000
  • 1978 - $185,000
  • 1979 - $222,000
  • 1980 - $275,000
  • 1981 - $324,300
  • 1982 - $345,000
  • 1983 - 400,000
  • 1984 - $450,000
  • 1985 - $500,000
  • 1986 - $550,000
  • 1987 - $575,000
  • 1988 - $600,000
  • 1989 - $675,000
  • 1990 - $700,000
  • 1991 - $800,000
  • 1992 - $800,000
  • 1993 - $850,000
  • 1994 - $900,000
  • 1995 - $1,000,000
  • 1996 - $1,100,000
  • 1997 - $1,200,000
  • 1998 - $1,300,000
  • 1999 - $1,600,000
  • 2000 - $2,100,000
  • 2001 - $2,050,000
  • 2002 - $1,900,000
  • 2003 - $2,100,000
  • 2004 - $2,250,000
  • 2005 - $2,400,000
  • 2006 - $2,500,000
  • 2007 - $2,600,000
  • 2008 - $2,700,000
  • 2009 - $3,000,000
  • 2010 - $2,800,000
  • 2011 - $3,000,000
  • 2012 - $3,500,000
  • 2013 - $3,800,000
  • 2014 - $4,000,000

1967年4万ドルから2014年の400万ドル!
CM料金は100倍になっているんですね!
経済環境が全然違うとはいえ、すごい価格上昇!

メキシコからマーシャル諸島 1年以上も漂流

2012年12月下旬、サメ漁のためメキシコ沖を出発した男性ホセ・アルバレンゴさん(37歳)。
2013年1月31日、マーシャル諸島の島に流れ着いた。
13ヶ月以上、約1万2000キロも漂流していたことになる。
Man says he ate fish, birds, turtles while drifting 13 months across Pacific Ocean | EDMONTON JOURNAL

メキシコとマーシャル諸島 地図

この距離を、約7メートルのグラスファイバー製の船で乗り切った。

漂流中の飲食

漂流中は素手で捕まえた鳥や魚を食べて飢えをしのぎ、雨水や自分の尿、ウミガメの血を飲んでのどの渇きを癒やした。
乗っていた漁船からは大量の貝殻やウミガメの甲羅が見つかった。
一緒に漁に出た10代後半の少年は1ヶ月ほどで死亡してしまったとのこと。

過去にもメキシコからマーシャル諸島に漂流した漁師

AP通信によると、マーシャル諸島には2006年にも、メキシコからサメ漁に出た3人の漁師を乗せた船が9ヶ月の漂流後にたどり着いたことがある。

人間の生命力って凄すぎる!!

1 2 3 4 5 6 7 8 52

ホーム > タグ > トリビア

検索
最近の投稿
Tag cloud
カレンダー
« 2017 年 9月 »
M T W T F S S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
RSS RSS
アーカイブ

ページの上部に戻る